死んだ後はどうなるのか?考察♫ - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

死んだ後はどうなるのか?考察♫

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

 

【 さくやさんからのメッセージ 】

 

先祖供養しないと 先祖のたたりがあるって??・・

バカなこと言ってんじゃないわよ(笑)

 

 

先祖って誰?・・あなたのおじいちゃんやおばあちゃん、達でしょ?

その人達から見たらあなたは可愛い孫とかでしょ?

そのかわいい孫を自分のお墓に来ないから?

位牌に食べ物を供えないから?

自分達のことを忘れたから?・・そんなちっぽけなことで恨む?祟る?

ちょっと考えただけでも有り得ないでしょ?

 

 

それは近い先祖だから・・もっと昔の人になると自分のことなんて知らないし・・って思う?

あなたのことを直接知らなくても 自分の子ども、孫の子どもたちでしょ?

可愛いこどもや孫の子どもなんだから同じように可愛いわよね。

そんな可愛い子供たちを祟ったり、意地悪したりするわけないじゃないの。

 

 

彼らは可愛い子供たちが幸せで楽しくいてくれるのを望むことはあれ 

不幸にしてやる・・なんて思うわけないじゃないの。

そしてね・・一番の大きな誤解はね、お墓に誰もいない・・

位牌にも誰もいない・・

そしていつまでもこの惑星にはいない・・ってこと。

 

 

誰もいないお墓を守らないから、位牌を大切にしないから・・って 誰もあなたに何も言わないわよ(笑)

ちょっと考えてみて・・

いつまでもお墓の中に人々の意識が残っていたらどうよ?

身体を脱いだ(死んだ)人たちが ずっとお墓の中にいなきゃいけないってことになったら

それこそ地獄じゃないの?

 

 

そこから出られないのよ・・考えただけでもぞっとしない?(笑)

そんなことは無いから安心して(笑)

誰もお墓にはいない・・お墓の中には誰のエネルギーもいないの。

 

 

だからお墓にこだわる必要は全くないってこと。

そしてだから生きている人がお墓のために生きる必要は無いの。

お墓を守るために結婚出来ない・・なんてナンセンスそのものね。

だからもう死んだ人たちのために生きる必要は無いの。

供養もいらない・・そしてその人達を思い出して 悲しんだりすることもいらないの。

 

 

その人達はその人達で 死んだ後にすることがあるのよ。

身体を脱いで また違うことをはじめているの。

振り返ってる暇はないの(笑)そこで楽しんでいるから大丈夫。

だから あなたはあなたで あなたの人生を楽しむことに夢中になっていればいい。

その方がみんな楽しくなるんだから。

 

 

あなた達は、死んだら地獄や天国に行くって教えられているけど、そんなものは無いからね。

現世で悪いことをしたら 死後 閻魔さま?悪魔?天使?に裁かれて 

地獄に落とされ罰を受ける・・だから 良い行いをしなさい・・

って言うのは、まったくのナンセンス。

 

 

良い行い、善を積む、徳を積む・・なんていうのは、

あなた達を支配者たちの都合の良いようにリードするための方便だからね。

あなた達が教えられている 良い悪いの判断は あなた達の小さな世界だけで通じるものでしかないのよ。

それも私たちから見れば まったく反対の考え方を教え込まれている。

 

 

死ぬということも、まったく違うように教えられているのよ。

これも波動のことが分かれば すぐにわかるわ。

今まで教えられてきたものが まったくナンセンスなことだってわかる。

それを分かられたくないから あなた達の支配者たちは

あなた達に波動のことを一切教えないでしょ?

 

 

話がずいぶんずれちゃったわね(笑)

話を戻すと・・先祖供養しないとたたりがある・・悪いことが起きる・・

なんてことは まったくない・・ってこと!

お墓のために 生きている人間が我慢したりする必要は全くない・・ってこと。

もっともっと この件に関して話したいことがあるけど 今日はこのへんにしとくわね。

 

 

あなたは あなたのために生きていいのよ・・

だって あなたの人生なんだからね~~

 

 

 

あなたを心から愛してるわ~~。

 

 

 

 

  (※ポストカードより)

 

華やかだけど、品の在るピンクが素敵♡

(^^✿

 

 

 

あの世とは、この世の支配者達が宗教などの名の元に、私達を洗脳コントロール支配する為に植え付けたイメージの様なものではないらしいですよ!

だから "死とは怖いものに非ず" (自分が怖いものを望むなら別ですが。笑)

皆様、安心致しましょう!(笑)

(*^^*) ~ ♡

 

良くこの世は「あの世の映し絵である」と言われますね?

あの世から観たら "この世の死" は「向こうの世界の誕生」になる訳で、こちらで死んであちらに帰ると「地球での修業、本当にご苦労様でした~~~ッ♫」と労われたりするそうな???(笑)

 

反対に "あの世での死" は、「この世での誕生」になるので、皆涙を流して「最後まで頑張るのよッッッ!」と仲間(ソウルメイト達)に送り出されるという説もありますね~~~。

つまり、この世とは価値観があべこべという事らしいデス。(笑)

(^^;???

 

 

ちなみに今回のテーマですが、これは私が以前に「ご先祖様への正しい理解(私が学んで自分で出した答えとピッタリ一致する内容!)」2015.10.4.  というコラムにも書かせて頂いた様に、

 

生きている・死んでいるというのは "肉体が有るか無いか" という違いだけであって、

つまりは生きていても死んでいても、エネルギー体としての魂や個性には何ら違いはないという事ですね~。

(^^ゞ

 

結局私達は死なない=死んでも生きている時と同じな訳ですし、生前何を信じていてもいなくても、「どの様な波動を好んで、どの様な波動の場所に居るか」という事は、実は死んだ後でも何ら変わりはないという事らしいですね。

《 ゚Д゚》!!

 

ですので死んでからも、自分が「半肉体」を持った存在として生きたいとなれば、所謂 "成仏できない霊" として4次元の重たい波動の中で生きる世界に留まるのでしょうし(※そういう存在が生きている人間に依存してすがって来たり、この世に執着を持つ存在=幽霊と言われる存在になるのでしょう)、

 

死んでからもっと「軽い波動」の世界で生きたければ、3次元や4次元の重たい波動の世界には何の未練もなくキレイさっぱりと気持ち良くさよならできて(笑)、波動の軽い5次元の世界に生まれ変わる事ができるのではないでしょうか?

そしてその様な軽い波動に移行できるのは、この世に思いを残す事なく「この世での生を全うした人」「この世の真理に目覚めた人」という事になるのでしょう。

(^^✿

 

もしそこに今生で思い残した事への「未練」「執着」、或いは他者への「怒り」「恨み」「嫉妬」などというものが残っていれば、"未浄化の霊" や "邪気" として4次元という重い波動の世界に自ら留まるという事になるのだと私は思いますし、

真理に目覚めていない「無知」のまま死んでも、良く分からずに流される様に4次元に留まってしまうという事もあるのだと思います。

(^^;;(^^;;(^^;;;

 

そしてそれは今生きている世界でも同じであり「3次元に生きながら5次元を生きる」という事も選べるし、「4次元という重い波動から影響を受ける生き方」というのもできるのだと思います。

つまり「死んでからどうなりたい」と思うのならば、「今どう生きているかを見れば良い」という事なのですね~。

(・。・;

 

それは「死んだら誰もが無条件に自動的に同じ世界に行ける=成仏できる」という訳ではなく、

そこにはこうして生きている時の日頃の自分の努力の積み重ねそのものが、明確に反映されるものなのだと私は思います♫

(^^✿✿✿

 

ちなみに皆様は、どの様な死後(=今の積み重ねの結果)を迎えたいと思われますか???(笑)

( ・・) ~ ☆彡 or ★彡 ???

 

 

…え?私ですか?

私は死んだ後の事は…、死んでから考えます♫ (笑)

 

そんなのは生きている今考えたって、死んでみないと分からないっちゅ~の!(笑)

(^^ゞ

 

それでは最後に品の良い、私の好きな菅公御歌でお口直しを♫ (笑)

☆_(_☆_)_☆

 

   

   ☆☆☆ 心だに 誠の道にかなひなば いのらずとても 神やまもらむ ☆☆☆

                          by 菅原道真 ~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

 

 

 

     

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年