専業主婦になりますが、扶養になるためには…? - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

専業主婦になりますが、扶養になるためには…?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
扶養

現在、26歳会社員配偶者あり。

8月に、会社を退職することになりました。今後は働くつもりはなく、専業主婦になります。

8月以降、主人の扶養家族となって主人会社の厚生年金・健康保険組合に入りたいのですが、できるのでしょうか?

健康保険の扶養になるためには、年間収入が130万円未満でないと駄目と聞いたことがあるのですが、今年(1月〜7月)の収入は130万円をこえてしまいます。
ということは8月以降、扶養家族にはなれず、市町村の国民健康保険に加入することになるのでしょうか?

また、年金も国民年金に加入しなければならないのでしょうか?

収入がなくなるため、健康保険料・国民年金保険料を支払うことはとても大きな負担なので、主人の扶養になりたいのですが、制度上はどうなっているのでしょうか?

今年の収入が130万円をこえるとのことで、制度上ご主人の会社の厚生年金・健康保険組合に扶養家族として加入することは難しいと思います。

今回のケースで妻が有利な順に年金・健康保険加入を並べます。

1)年金・健康保険を夫の扶養として加入。だめもとで、トライしてみましょう。

2)国民年金加入と健康保険は任意継続を選択。

3)国民年金加入と国民健康保険加入。

そして、来年から夫の扶養。

詳しくお知りになりたい場合はご連絡頂ければと思います。