「撮らされる」写真から卒業してみませんか - 写真撮影レッスン - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「撮らされる」写真から卒業してみませんか

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. 写真撮影レッスン
ブログサテライト

ブログサテライト

 

「ピントって何?カメラが自動で全部やってくれるでしょ?」

と、ある方のお話の中で。


はい、確かにスマートフォンカメラをはじめとして一眼レフに至るまで、自動でピントを合わせてくれる機能が搭載されています。



ある程度、写真やカメラに親しんだ人にとっては、ああ、これはオートフォーカスのことなんだね。と解釈する。

でも、スマホカメラ以外にカメラに縁がない...という人にとっては、「ピントを合わせるというプロセスそのものの意識がない」という驚愕の事実を知る。


言い換えるなら、「ピントを合わせる・露出を合わせる」といった撮影のプロセス自体についての意識をお持ちでない。

更には、構図を決める、自分で更にカッコいい構図にしてみる。といった意識そのものが存在していない...。



誰でもどこでも撮影できるようになり、急速に写真を撮る行為が拡大した。

撮影者は「カメラを被写体に向けてシャッターボタンをタップするだけ」で写真が撮れる。


写真趣味が広がるのは大いに歓迎すべきだし、もっともっと楽しみたい。

でも、構図を考えることもせず、明るさを調整することもなく、そしてピントの意識そのものがなく、ボタンを押すだけ...。


 なるほど、これでは飽きるのも早いわけだ。

 (今日はフィルターの話には触れないけれど...)


カメラに「撮らされる」写真だけしか知らないから、すぐに熱が冷めてしまう。

もっともっと奥深く、更に楽しみを味わえる部分が広がっていることを、どうすれは伝えられるのだろうか。



(Official Blogへ)
撮らされる」写真は卒業したい http://and-em.com/blog/index.php?no=r4175


「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

トリミングは悪ではない 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/23 16:00)

一枚の写真と向き合うのも楽しい 宮本 陽 - カメラマン(2015/12/16 11:00)

スマホカメラでも自分で操作する楽しみを 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/30 12:00)

何を撮ったらいいか判らない 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/05 11:00)

構図はカメラが決めるもの? 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/25 16:00)