自分で作り出したものは、自分で変えられる (肉体&病気) - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分で作り出したものは、自分で変えられる (肉体&病気)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

先日、アシュタールの「ダイエット(及び病気)に付いてのメッセージ」をお伝えした中で、

 

確かに自分はそのメッセージ通りに、或る時から「自分は何を食べても太らない」というイメージを自分に持ったら全く太らなくなった(たまに少々体重が増える事があってもすぐ元に戻る)という体験者であるという事実をお伝え致しました。

☆_(_☆_)_☆

 

私は昔から発想がとても自由なので、科学的・医学的と言われているものも勿論一旦受け入れて勉強させて頂きながらも、単に「最新の情報」という事だけを理由に、

 

自分が経験や実感してもいない事を、その知識だけを鵜呑みにして判断したり決め付けたり、又それを人様に勧めるという事は良しとしない人間だからかもしれませんが、

 

それ故に私自身には「これをしていなければ痩せられない」とか、巷で言われているデータなどを元にした (例えば、私の年齢では太り易くなるなどという様な) 固定観念や強迫観念の様なものが全く無いという事でもあるので、

 

精神的な囚われが無い分、とても心が自由であるという事もお伝えさせて頂きました♫

(*^^*) ~ ♡

 

 

巷の数値で表される一般の統計や平均値のデータなどは、一応一つの目安として参考にさせて頂いても、私はそれだけに重きを置いて全てそれを基準にして "自分に当てはめてしまう" という様な事を何故しないのか?と言うと、

 

自分の経験上、いつも「自分の体の感覚=体の声に耳を傾ける」という事が、自分に取っての一番正しい答えになっており、それが私のダイエット法と健康法になっているからという事なのです。

 

ですので、今回はそこの所をもう少し深く掘り下げて、ダイエット(美容) や 病気(健康) に関わる「肉体」というものに付いて、私の見解及びスタイルをお伝えしてみようと思います♫

(^^✿

 

 

私は現役を引退して現在5年以上経ち、あまり運動らしい運動はしなくなったのに、食欲は相変わらず旺盛の食いしん坊(笑)で、自炊したお料理を毎日美味しく健康的に良く頂きますが、体重と体のサイズは現役の時と全く変わらないという事実があります。

(^^♪

 

これは何から来ているのかというと、

頭が柔らかく思考が健康的である事と (人間は、実はこれが人生で一番大事な事です!(笑) )、

故に「人生で色々有っても、精神的にいつも安定している」という事から得られた体質なのではないかと自分では思います♫ (これは人間の幸せには欠かせないものの一つですね!)

(*^^*) ~ ♫

 

私達はつい「自分の過去の体験」をバロメーターとしてしまうという思考癖を持っており、(※物事は絶えず変化していて、バランスでいつも変動している訳ですから、以前と同じ結果になるとは限らないのにです)

又「他人が自分の体験を基にしたアドバイス」や「科学的データ」というものが自分に影響を与えるイメージの力=洗脳を受けている事がとても多いのですが、

 

そういう "無意識の自分の思考" というものが、逆に「自分に取っての最良のやり方」を知る事への邪魔立てになっている事も多く、

それが「本当はこう在りたい自分」という自分の個性 = 本来は自分のオリジナルであって良い「 "自由で新しい発想" からの自分創り」を、その無意識の思考が阻んでいたりする事にも繋がっているのだというお話しも先日させて頂きましたが、

 

そういう自分に気付かずにいると、肉体が「肥満(或いは痩せ過ぎ)」や「病気」というものを通して

「お前は自分の個性を蔑ろにしている = 自分を大事にしていない」という事を教えてくれているのではないかと私は思うのです。

《 ゚Д゚》!!

 

自分の体に反映されたものが、自分を幸せにしてくれるものである場合は問題は無いのですが、

大概はその様に "無意識" に自分が生み出してしまったものは「自分が本来自分の肉体に欲しいもの」とは遠くかけ離れてしまっている場合が多いのではないでしょうか?

(※人間はポジティブより、ネガティブな意識のパーセンテージの方が高い生き物ですからね~)

 

もし私達が自分の支配権を誰かや何かに明け渡し、「自分の支配者は自分」という事を忘れてしまうと、

「ストレスから太って(或いは痩せすぎて)しまう肉体」とか「病気」などという形で、メッセージをもらうものであると私は捉えるのです。

( ・・) ~~~ ▲

 

でももし現在の自分が「自分に取って気に入らないものを、無意識に自分で作ってしまった自分」であっても、そういう自分を創ったのは自分自身である訳なのですから、

 

自分の意識を変えれば「自分の力で自分を変えて行ける」というのが真実だと私は思います。

何故なら人間の肉体には、本来自力で治せる「自然治癒力」というものが備わっているからです。

( ・・) ~ ☆彡

  

そしてその自分に備わっている「自然治癒力」で、自分の肉体に起きた問題を自力で解消するには、

「どれだけ本当の自分に気付けるか?」という "自分で気付いていない自分の心=潜在意識" に眼を向ける事が、とても大事になって来るのだと思います♫

(^^♪

 

ダイエットが必要だと思ってしまう体や、体の不快感や痛みを伴う怪我や病気というものは、

「本来の自分を見失っている」というメッセージを体が伝えてくれている訳ですので、

 

もし自分で気付いて「自分が本来したかった生き方」をする様になれば精神が安定し、呼吸が整うので自然に体質も変わり、そうして「生きる」という事への感覚がハッピーに変われば、

私達はそうしたダイエットや病気などの肉体の悩みから解放されるのではないかと私は思います。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

 

 

 

 

毎日一見同じ様に見えている朝日ですが、

毎回生まれ変わっている新しい太陽を、毎朝私達は迎えているのです♫

(^^☀

 

 

 

病気や怪我、そして(個性とは違う)不健康な肥満や痩せ過ぎの原因は、

「良質でない食べ物」と「本当の自分を生きていない故のストレス」からの血の汚れ=気の滞りからというのがとても大きな要因になっているのだと思います。

(※癌という病気は "絶望感の現れ" と良く言われますし、又 "食べるものを変えれば治る病気" であるとマクロビオティックでは捉えます)

 

 

ですので、その真の根本的な治療法は「良質な食べ物を摂取する」「自分の魂が喜ぶ様な生き方」をする事だと思います。

(^^✿

 

そうすれば血がサラサラと綺麗になり、気(血液)の流れが良くなり、抵抗力が付くので疲れにくくなり、又新陳代謝も活発になり、

内臓が強化され外からの害を受けづらくなる体質 = ストレスに強い体質 = ダイエットが必要無い体や病気になりづらい体質が自動的に作られて行くのではないでしょうか?

そしてそうした良好なコンディションで、各自が自分の心と体が心地好いと感じられる "自分に取っての適度な運動" をすると、より心も体もハッピーに成れるのだと私は感じます♫

(^^♫

 

 

そうなれば、生きる事が楽しく感じられて感謝で生きられる様な人生になるので、ストレス太りや病気を寄せ付けない体質になって行くのだ!と私は思っておりますし、

 

私が食事制限や「これをしなければ痩せられない」という様なものを何も持たなくても太らない体質を何十年も維持できているという事や、今の所(!?)心も体も健康に元気で過ごせているという事実は、そういう所から来ている様に自分では思っているのです♫

(*^^*) ~ ♡

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年