見た目の印象を残したい --- 画像処理の楽しみ - 写真補正・加工 - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真撮影

古田 晃広
古田 晃広
(カメラマン)
古田 晃広
古田 晃広
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

見た目の印象を残したい --- 画像処理の楽しみ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 写真撮影
  3. 写真補正・加工
ブログサテライト

ブログサテライト

 

画像処理に関する話題が増加傾向にある。
それは、スマホエフェクトに見られるお遊び系フィルターの話ではなく...。

プリセットフィルターのチープさにようやく気付きはじめた、といったことなのだろう。

 

夕日を正面に据え、照明が用意されていない建物内部も見えるように残してみる。
こうした真逆光では、たとえ光量の弱い夕刻であってもシルエット風のイメージになってしまう。

それは定番の手法だから、そのように撮ればいいんだ、と言ってしまえば話が終わる。

 

だが、人間の眼には建物内は真っ黒に見えるわけではないし、夕日周辺の風景もキッチリと認識できるはずだ。

こうした「人間の見た目の印象」に近い記録を残す、といった方向性を追求するのも一つの楽しみではないだろうか。

 

iPhoneのHDRをOnにし、まだ足りない明暗差をPhotoshopで入念に作り込む。

もう耳タコの事項ばかりだが、誰が撮っても同じようにキレイに撮れると言われるiPhoneカメラだからこそ、そこに作品構築の楽しさを見出してみたい。

 


(Official Blogへ)
「見た目の印象を残したい」http://and-em.com/blog/index.php?no=r4160

「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

そのフィルター処理に意図がありますか? 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/10 12:00)

お遊びフィルターの限界 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/08 12:00)

光と仲良くするには画像処理まで含めて考える 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/18 14:00)

モノクロには無限とも言える表現がある 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/17 13:00)