光と仲良くするには画像処理まで含めて考える - 写真補正・加工 - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真撮影

古田 晃広
古田 晃広
(カメラマン)
古田 晃広
古田 晃広
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2017年08月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

光と仲良くするには画像処理まで含めて考える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 写真撮影
  3. 写真補正・加工
ブログサテライト

ブログサテライト


印象的な絵を手に入れるためには光を感じてみたい。
明るさだけではなく、強さや柔らかさといった質感にも意識を巡らせる。

ただ、残念ながらカメラのイメージセンサーはその広大な「明暗差」全てを記録することはできない。


飛んだ、潰れた(ように見える)部分は、ある程度までは周囲から階調を予想して創り出すことができるが、初めからデータとして存在していない(記録ダイナミックレンジの範囲を超えた外側にある)ものは、手の施しようがない。
そのために、アウトプットしたい最終イメージに基づき「画像処理を前提とした」撮影を行う。
スマホのHDR機能も有効に働く。


撮影時点では、可能な限り階調を残した記録を心がけ、画像処理工程においてそれをより自然な形で再現できるようにする。こうした階調の認識をベースに置き、光を感じながら作品を撮ってみる。


(続きはOfficial Blogにて)
「光と仲良くするには画像処理まで含めて考える」http://and-em.com/blog/index.php?no=r4151

「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

そのフィルター処理に意図がありますか? 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/10 12:00)

お遊びフィルターの限界 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/08 12:00)

見た目の印象を残したい --- 画像処理の楽しみ 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/03 12:00)

画像処理の目的は階調を豊かにすること 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/14 11:00)