少し暗めに撮ってみる - 屋外撮影 - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真撮影

古田 晃広
古田 晃広
(カメラマン)
古田 晃広
古田 晃広
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

少し暗めに撮ってみる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 写真撮影
  3. 屋外撮影
ブログサテライト

ブログサテライト

 

師走目前。

雪だるまにも灯がともる。


まだ日中の明るい時間帯のためイルミネーションは引き立たないが、露出を若干絞ってみると雰囲気を感じることができるのではないだろうか。



スマホカメラは、多くの場合Auto露出が最適だと思われるが、マイナス方向へのシフトはプラス方向へのシフトよりはリスクが低いかもしれない。


狭小センサーであるが故に、プラス方向への露出補正はハイライトがいとも簡単に飛ぶため、飛ばした部分のデータが残せない。

しかし、マイナス方向への露出補正では、見た目に潰れたように見えても日中屋外の被写体であればある程度の階調を維持していることが多い。



スマホカメラも自分の意思で露出を変えてみる。


過剰な調整は「飛ぶ・潰れる」リスクがあることを知った上、自己責任で。

それでもデータを破壊するフィルターで遊ぶよりはマシかもしれない...。



シャッターボタンをタップするだけに飽きたら、次は明るさを自分の意思で決めてみる。

そんな楽しさを味わってみて欲しい。

 


(Official Blogへ)
少し暗めに撮ってみる」 http://and-em.com/blog/index.php?no=r4172


「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

スマホカメラでも自分で明るさを決める 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/12 12:00)

撮影に対する感覚が麻痺していないだろうか 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/13 11:00)

窓際で撮ってみる 宮本 陽 - カメラマン(2016/04/15 11:00)

水平垂直を意識してみる 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/18 12:00)

モノクロには無限とも言える表現がある 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/17 13:00)