デジタル時代のアンダー露出を考える - 写真撮影レッスン - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

宮本 陽
宮本 陽
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2017年08月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デジタル時代のアンダー露出を考える

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. 写真撮影レッスン
ブログアーカイブ

ブログアーカイブ(2012年10月)

(この記事は2012年10月のOfficial Blogよりご紹介しています)


「アンダー気味に」という言葉にピンと来る方は、ポジ(リバーサル)フィルムに親しんできたご経験があるのではないだろうか。

ポジでの撮影は、オーバーになると飛んでしまいベースが透けて見えるただの透明フィルムになるため、いつもアンダー気味で、というのが定説であった。


以前にも記事を書いたことがあるが、ポジフィルムはアンダーで撮ることで彩度が上がり、より味わい深いコクが出る傾向があった。

同時に、下の部分(暗い方向)の階調も残せるキャラクターが良いとされた。

デジタルでは、単純に露出を切り詰めて行くと、低い部分の階調が失われてしまうことが多い。

これは、下の階調を潰すことにより暗部ノイズを目立たなくするためであろうと想像できる。

下のガンマカーブを上げたプロファイルを作って撮ると、盛大にノイズが浮いてくることでそれが判る。



(続きはOfficial Blogへ)
「デジタル時代のアンダー露出を考えるhttp://and-em.com/blog/index.php?no=r2277

「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

画像データから「写真作品」に昇華させるために 宮本 陽 - カメラマン(2016/01/30 15:00)

撮りたい光を撮りたい階調で表現する 宮本 陽 - カメラマン(2016/01/13 11:00)

撮影を楽しむってどういうこと? 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/11 12:00)

シルエットもいいけれど---階調を感じてみる 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/01 11:00)

なんとなくカッコいいからモノクロ? 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/25 11:00)