ボケ味が欲しいと注目されているけれど - 写真撮影レッスン - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ボケ味が欲しいと注目されているけれど

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. 写真撮影レッスン
ブログアーカイブ

ブログアーカイブ(2009年12月)

写真の「ボケ味」に関心が高まっているようだ。 

定期開講しているカルチャーのクラス(註:2015年秋にて全て終了)でも、コンデジから一眼レフに持ち替えて、より一層魅力的な写真を撮りたい。という目的で参加される方が増えた。


写真は対比で語る世界。

主となる被写体とは対照的に美しくボケた背景、あるいは前ボケを語ることで、撮影者の意図した世界を表現するのが数ある表現手段の中のひとつ。

そのためには色の対比や画面に占める面積の対比、位置の対比など様々な要素を複合的に判断しながら、そこに撮影者の感性を盛り込みたいもの。


ところが...

「一眼レフを買ったらボケの大きな写真が撮れますか?」

「絞りはどれくらいの値にすれば良いのでしょう?」

という質問が続く...。


写真は掛け算の九九を覚えるようなパターンを覚えてその中から適用する。といった選択方式では表現できない。

撮影データ自体はデジタル化した。

しかし、撮影者の表現手段や感性は決してパターン化させてはならないと思う。

ベースとなる教科書はあるが、答えは無限に存在するし、撮影者の感性の数だけ作品も存在する。


(続きはOfficial Blogにて)
「ボケが注目されているけれど」http://and-em.com/blog/index.php?no=r2194

「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

コンパクトデジカメではボケ味を出せない? 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/21 11:00)

単焦点レンズは安物か? 宮本 陽 - カメラマン(2016/01/14 13:00)

一枚の写真と向き合うのも楽しい 宮本 陽 - カメラマン(2015/12/16 11:00)

光を撮るから写真は楽しい 宮本 陽 - カメラマン(2015/12/15 12:00)

フラッシュやストロボ禁止を守る 宮本 陽 - カメラマン(2015/12/14 13:00)