これまでのコンプライアンス対策(資産)を無駄にしない「仕掛け」 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

これまでのコンプライアンス対策(資産)を無駄にしない「仕掛け」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する

今年はこれ。今ある対策が生きてくる。

規程の整備
マニュアルの徹底
監査システムの改良
トップのコンプライアンス宣言。

法令違反を防ぐために、多くの企業が、多くのことをやってきました。

でもアクシデントインシデントは減らない。
せいぜい横ばい。

大事なことが抜けています。

規則やマニュアルへの否定的姿勢を減らす仕掛け
監査やコンプライアンス部の助言を前向きに捉えるようにする仕掛け
トップの言葉を真剣に聞くようにする仕掛け

これまでにやってきた、社員の外堀を埋める“外発的な対策”に、このような「既にある対策を生かす仕掛け」を加えるのです。

そうすれば、これまで導入したコンプライアンス対策が無駄になりません。
そして、自社のコンプライアンスを守る力が強化されます。

貴社に必要なのは、これまでのコンプライアンス資産を無駄にしない「仕掛けです。

(中沢努 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html  「コンプライアンスのネタ帳」から抜粋)

1.【違反発生企業 専門】
 不正再発防止-[人間の視点]から調査・教育・コンサルティング行います。
 お問い合わせ下さい。 http://www.pensee.co.jp/

2.再発防止に効果「刺さる」コンプライアンス研修  (不正発生企業専門)
 ◆ 企業が数字を追うのは必然 http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_staff.html
 ◆ コンプライアンス指導の要諦 http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance.html
 ◆ 社長役員の暴走を抑える http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_consul.html

3.【大切なお願い】
弊社コラムを社内で利用したい時は、ご相談をお願いします

理由・ワケ→ http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 

4.【コンプライアンス資料】(400件超)
 http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

(例1)最近
・マンネリ化したコンプライアンス教育を変えたかったら
・今年のコンプライアンス対策「一番欠いている」もの
・違反を起こさせないコンプライアンス研修って、どんな研修?
・どうしたらいい? コンプライアンス推進者研修
・コンプライアンス違反事例の使い方
・「コンプライアンスマニュアル」を作った、その後どうする?
・コンプライアンス研修のやり方
・「コンプライアンスのネタ」の探し方―ネット検索の前に
・コンプライアンス研修・企業倫理研修・・・モニター企業募集
・無料 コンプライアンス-研修 講演 セミナー ~無料コンサルティング(電話相談)
・どうすればいい?-コンプライアンス事例研究・ケーススタディ(社内講師・社内研修)
・コンプライアンス 何を教えればいい? 1.意味・概念
・事例で違反を防ぐ-新・コンプライアンス教育の基本
・事例があるのに「学べない」のはなぜ?-不正を防げない本当の理由
・「コンプライアンス違反の心理学とノーと言うための自分学」-トップが圧力 3日で120億円(東芝)だから
・【大至急 役員】上場企業が今すぐすべき「緊急コンプライアンス対策」
・不正を「社長に指示された」ら、どうすればいい?
・東洋ゴム(免震偽装)の事例研究-「傷を持つ会社」を変える方法
・「意図的な不正」を寸前で止める方法
・誓約書の後に「絶対すべき」こと-違反を防ぐ
・部下に決まりを守らせようとする時、絶対に知っておくべきこと
・倫理憲章(ハンドブック)や行動規範を「腹落ち」させる方法
・社内規程が守られないのはなぜ?
・コンプライアンス研修を楽しくする方法-つまらない理由と対策
・会社の守り方-個人的動機による不正
・東芝が立ち直る方法はオリンパスが立ち直る方法と同じである
・違反させないために「何」を教えればいい? 具体事例から
・これからの企業内コンプライアンス研修の方向性
・東洋ゴム(偽装)が示す、不正防止に必要な「現場の心理学」
・不適切会計-東芝の「現場」の問題点 ニュース・事例で見つけるコンプライアンスのネタ
・コンプライアンスに倫理が必要な理由(ワケ)・・・事例で学ぶ
・政府が認めた「倫理教育 不十分」 ニュース・事例で見つけるコンプライアンスのネタ(0005)
・日本年金機構の問題点 ニュース・事例で見つけるコンプライアンスのネタ(0004)
・個人情報流出を防ぐ方法(ウイルスメール開封、流出)
・東芝-不適切会計 ニュース・事例で見つけるコンプライアンスのネタ(0003)
・ニュース・事例で見つけるコンプライアンスのネタ(0002)東洋ゴム
・ニュース・事例で見つけるコンプライアンスのネタ(0001)サンディスク

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 上記資料の場所 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

(例2)それ以前
・深く感じる―それがコンプライアンス実感論
・盗作 著作権違反 著作権侵害者の心理
・企業倫理部コンプライアンス担当の業務と要件
・わたしたちの中に潜むアイヒマンの心
・カントと主意主義 倫理の本質は自分にある
・正義の立ち位置 西田の絶対矛盾的自己同一
・[解答 コンプライアンス] コンプライアンス違反の新しい防止法
・コンプライアンス対策→対策の障害とコンプライアンス部の問題点
・[原発事故の責任] 人災という惨事を招いた人たちに伝えたいこと
・原発事故の犯人→「暴君はそれを支える者がいるから成り立つ」
・放射能汚染牛乳を出荷する人間の心理 
・12か月で学ぶ哲学用語 東電社内事故調とデカルト的思考の接点
・放射能で汚染された牛乳から子供を守る→牛乳議論の方法と対策
・不祥事発生時の経営者の責任のとり方・・違反と社長とその責任
・コンプラとは何か?-コンプラとコンプライアンスの違い-
・オリンパス問題の原因とオリンパス問題の本質(解説)
・オリンパスがオリンパス問題を乗り越える方法 
・大王製紙問題(コンプライアンス事件)の原因と本質 
・大王製紙事件と大王製紙問題の対策・・今、大王製紙がすべきこと
・【オリンパス問題解説】 事件と社長/経営陣の責任の本質論
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 1.意味 
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 2.心理 
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 3.背景・要因
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 4.意識レベル
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 5.本質 
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 6.違反人材 
・【放射能汚染牛乳】放射能汚染牛乳をスーパーから消す方法
・【大王製紙問題解説】大王製紙の今後と社員がすべきでないこと
・【オリンパス問題解説】第三者委員会調査報告と前社長発言の推移
・放射能汚染「明治の粉ミルク「ステップ」からセシウム」の原因
・オリンパス問題とオリンパスの今後→意識改革と社内人材育成方法
・クレハ子会社(クレファイン)コンプライアンス違反の原因と背景
・オリンパス問題→監査法人を解任したオリンパス前社長の心理仮説 
・大王製紙「不祥事再発防止策」の盲点/大王製紙事件 問題の本質
・エルピーダ3000株…インサイダー取引の原因と金商法違反の理由 
・インサイダー取引事件で逮捕→経産省の対応と経産省がすべきこと
・オリンパス旧経営陣逮捕:コンプライアンス部が学ぶべき事
・【旧経営陣逮捕】再生に苦戦するオリンパス、今の社員に必要な事 
・AIJ投資顧問に業務停止命令・・違反の原因と本質
・AIJ投資顧問の業務停止命令(問題)年金加入者が持つべき視点
・コンプライアンス研修-社員向け研修を企画する際の方法とヒント
・コンプライアンス研修の情報発信(ツイッター)のお知らせ
・コンプライアンス研修のご案内

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 上記資料の場所 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

【お問い合わせ】
コンプライアンスコンサルティング、コンプライアンス研修、コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー
 http://www.pensee.co.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

このコラムに類似したコラム

違法残業を「本当になくす」方法 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2016/12/02 17:13)

コンプライアンス違反事例 -何が悪い? 原因は? 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2016/11/24 11:12)

組織内コンプライアンスの高め方 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2016/12/01 00:15)

コンプライアンス教育の盲点 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2016/11/18 06:00)

「コンプライアンス精神」の拠り所 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2016/11/11 06:00)