日本らしい家のデザイン〜和室につづくリビング - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

サカイデザインネットワーク有限会社 
東京都
建築家
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本らしい家のデザイン〜和室につづくリビング

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
住まいづくりの発想 日本らしい家のデザイン
マンション住居などでよくある間取りスタイルの「和室につづくリビング」は、インテリアの設えをどうしたらよいか悩んでしまうケースがよくあります。 和室が見える、その存在感を感じることで、完全な「洋」のスタイルはなかなか調和しづらく、設えることが難しいためです。

そのようなとき私がよく提案する設えのスタイルが「和」の要素を活かしたモダンリビングの提案です。 ポイントは「低いポジション」と「シンプルで上質な素材」によりデザインをまとめます。

また和室については、リビングにつづく事を意識して、畳、建具、内装材を既成概念にとらわれずフレキシブルに考えることです。 リビングの一角に畳のスペースをつくるという感覚でもよいかもしれません。 へりなし畳や戸襖ではなくスケルトンの格子戸などは効果的です。

世代に関係なく、床座や畳の素材に「落ち着き」を感じる私達は、住まいの中に上手に「和室」を取り入れることで、実用的でモダンな暮らしが実現できると思います。


●日常をお伝えしているブログ酒井正人 Design Diary

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
サカイデザインネットワーク有限会社 

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住まいづくりの発想」のコラム