お遊びコラム♫ 《様々な個性を持つ宇宙の魂たち!?》 ⑥ (番外編) インディゴの魂を持つ人達 Ⅱ - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お遊びコラム♫ 《様々な個性を持つ宇宙の魂たち!?》 ⑥ (番外編) インディゴの魂を持つ人達 Ⅱ

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

それでは今回は、「インディゴの魂を持つ人達」の年代別役割りの相違が書かれた解説をご紹介致します♫

(*^^*) ~ ☆彡

 

ちなみに私自身は "第一波のインディゴ" であると自分で確信してしまうのは、私の妄想なのでしょうか??? (笑) 

 

説明によると、インディゴ・チルドレンの中には「若い時に自殺を図る」という様な方もおられるとの事ですが、

幸い私はその様な経験は無く(それは多分、幼い頃からバレエという芸術に出会えた為だと思います)、

でもその他はまるで自分の人生を解説してくれているみたいで、私の魂の深い所にビンビンと響いてくるのですもの!

《 ゚Д゚》☆彡☆彡☆彡

 

…と まぁ、私の事はさて置き…(笑)、

では、どうぞその解説をご覧下さいませ~~~♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

★ インディゴの生まれ変わりと進化するDNA ★

《 年代別に特徴分析する「インディゴ・チルドレン」》   ドロレス・キャノン

 

 

インディゴの生まれ変わりは、3つの波がある事が分かりました。

最初の波は、現在40代から50代初めの頃の人達です。(※当時=2010年頃)

 

20年前、私が30歳になったばかりの頃、初めてこの年代のインディゴに出会いました。

今でもその彼とは繋がっています。

 

この第一波の彼等ですが、彼等はこの地球にいる事が好きではなく、暴力に耐えられない様な人達です。

彼等は故郷に帰りたいと思っていて、それでもどこへ帰ったらいいのかも分からず、

ただここでない事だけは分かっています。

 

この人達は優しい心の持ち主で、共謀者ではありません。

誰も傷付けたくない…と思っている様な人達です。

彼等はただここにいるだけで変化を起こす様な人達です。

 

彼等は私達の中で普通に生活してはいるのですが、ここが自分達の居場所ではないと感じるので、

とても生き辛い人生を送っています。

それはどうしてなのか・・・それは分かりません。

 

私が彼等と話をした時・・・これは世界中どこも共通していたのですが、

彼等は良い家庭を持ち、いい仕事をしているのに、ここにいたいとは思っていないのです。

故郷に帰りたいと思っているのです。

 

若い頃に自殺を図ってしまった人がいたのも特徴で、それはここでやって行く事が大変だったからなのです。

でも後に彼等とワークをして、何故彼等がやって来たのか分かったのですが、

彼等はここはあまり好きではないけれど、取り敢えず自分の役目を果たそう・・・

と変わって来たという事が分かったのです。

これが最初のインディゴ達です。

 

もう一つ、第一波の彼等の特徴としては、彼等は暴力を嫌っているのですが、

彼等には(暴力を振るう人の)感情が理解できない・・・という事があります。

怒りと恐れは彼等を消耗させるし、それをどうしていいのかがわからないのです。

ですから一匹オオカミの様な存在である事が多いのです。

 

何故なら、地球で体験する感情問題は彼等にはとても大変なものだからです。

地球は彼等に取って、大変試練の多い惑星なのです。

 

彼等にしてみれば、

「皆よくこの地球に来て、ここでの生活を体験しようとするなぁ~。皆余程賢いんだなぁ~」

と思う訳です。

 

私達は感情と制限を体験しにこの地球にやって来たのですが、

でもそれも、人によってはとても大変な事なのです。

 

 

 

第2波の人達は、この人達と違います。

今20代から30代にかけての人達です。

第1波の人達より、ちょっと若いグループです。

 

私は彼等の事を「アンテナ」「チャネラー」「ジェネレーター」と呼んでいます。

彼等は又違う人達です。

彼等には第1波の人達が体験する様な問題を抱えてはいません。

 

彼等は何をしようとも思わず、只ここに存在しているのです。

それでも彼等の体から生み出されるエネルギーが、彼等と行動を共にする人々皆に影響を与えるのです。

 

それがどう世界を変えて行くのか・・・と思うかもしれません。

とても優しい性格の持ち主である彼等は、只自分の生活をこなし、家で仕事をしています。

 

例えば彼等がモールを歩いたりスーパーに行くだけでも、

彼等に関わる人達に影響を与える事のできる人達です。

彼等のエネルギーは、とてもポジティブなものなのです。

(※これは年代に限らず "インディゴ" と呼ばれる人達の特徴です)

 

これらの2つのグループの人達(第1波・第2波)は、子供を持ちたいと思わない人達です。

彼等は地球にやって来た時、シールドの様なものをまとって来たのです。

それで彼等はカルマを積む事ができなくなっているのです。

カルマを積む事から守られているのです。

 

彼等の多くが子供を持ちたくないと思うその理由として・・・

子供を持てば、又そこにカルマが発生するからなのです。

 

自分の役目だけを果たして、さっさとここから立ち去りたいのです。

地球にいつまでも居座っていたくないのです。

元の場所に早く戻りたいのです。

本当のボランティア精神を持って来たのです。

 

彼等を見抜くのは難しいと思います。

とても上手くこなしているからです。

彼等には(カルマの)問題が無いからです。

 

以前私は、何故1波の人達には色々と困難が有るのに、

何故第2波の人達には無いのかと尋ねた事が有りました。

 

それは「誰かが開拓者、案内人にならなくてはならないからだ」と言っていました。

だから最初の第1波の人は大変なのです。

第2波の人はその後をついて行けばいいだけですから、その分楽なのです。

 

 

 

第3波の人は、新しい子供達です。

皆さん、この子供達の事は馴染みがあると思います。

彼等はこの世にプレゼントとして現れた人達です。

 

彼等は又違っています。

彼等のエネルギーが違うのです。

彼等はすでに、沢山の事が分かった状態でやって来ているのです。

自分達のDNAは、すでに変えられているのだと彼等は言っています。

 

私達のDNAは絶えず変化しています。

これは仮設的推論となるものですが、

起こっている事全てはDNAが変化して来ている事と関係しているのです。

しかし彼等は、食品添加物、空気汚染などが私達の肉体に及ぼす影響に関しても、とても気にしています。

 

これら多くの仮説も、実験に裏付けされて説明されているのですが、

彼等は癌やその他、様々な病気の治療法を見つけ出そうとしているのです。

その様な中で、彼等は無意識に様々な科学者達にこの情報を送り、

彼等が治療法を見つけ出せる様にしているのです。

 

それと同時に、DNAが操作される事によって、私達は病気にならなくなって行きます。

又長生きする事になります。

子供達はすでにその状況にいます。

 

科学者が私達のDNAに関して行った実験結果の文献を読んだ事があるのですが、

彼等は確実に何かが起こっているの事を発見しているのです。

私達は完全に、今までとは違った種類の人類になろうとしているのです。

そのくらい私達のDNAは、20~30年前と比べても違ったものなのです。

私達は病気になる事ができない種族に変わっているのだと彼等は言っています。

 

「遂に彼等も証拠を見つける所まで来たのね」

私はその時、そう思いました。

 

「科学者が知っている事と、医者が知っている事は違うのでは?」と彼等に質問した事があります。

「そうです。違います。彼等は何を見つけ出していいのか、分かっていないからです」

と、彼等は答えたのです。

 

確かに変わって来ていて、でもそれは肉体の変化でもなく、又困った問題でもありません。

これらDNAの変化は、私達の世界に取って助けとなっている事を、明らかに見せてくれているのです。

そうでなければ、私達は自分をダメにしてしまうでしょう。

DNAの助けが無ければ、私達は現実として起こっている事が対処し切れないのです。

 

 

(※「地球人のためのスピリチュアルレッスン☆」より)

 

 

 

 

 

  (※ポストカードより)

 

こちらのポストカードも以前にご紹介したものですが、こちらも私の お・気・に・入・り ♫♫♫

(*^^*) ~ ♡ ♡ ♡

 

 

 

これを読んで思い出すのは、以前私のダンス・パートナーだった(アルバニア人で、当時クロアチアでプリンシパルとして活躍していた彼)が、私にこう質問した事でした。

 

「君はプロのプリマ・バレリーナとして才能に溢れたダンサーであり、良きバレエ教師でもあり、又優れた振付家でもあり、裁縫を習った事が無いのにプロ並みのセンスのコスチュームを作り、メーキャップも上手で、バレエに於いて必要な全ての才能を手にしているのに、何をまだ望むの?」と。

 

それは多分、若い頃から自分の魂がこのインディゴの果たすお役目というものを、おぼろげながら何となく自覚していた私の心を、魂で会話のできる繊細な彼の魂が感じた故の言葉だった様に思います。

《 ゚Д゚》☆彡☆彡☆彡

 

 

…という訳で、結構長いシリーズになってしまった今回の《宇宙種族》のお話し、皆様はいかがでしたか?

(※最初はこんなに長いシリーズにするつもりは無かったのですが、ついつい面白くて♫)

 

読まれて「とても斬新で面白い♫」と感じられたり、もしかしたら私の様に「自分の事か!?」と感じられた方も中にはいらしたかもしれないですね?(笑)

(^^✿

 

 

それではこれで、一応今回の「お遊びコラム♫《様々な個性を持つ宇宙の魂達!?》」は、ここでお開きとさせて頂きます♫

☆_(_☆_)_☆

 

今後も、又何か面白い情報が有れば、又「お遊びコラム」としてお伝えさせて頂くかも?…です♫

(あぁ、すっごく楽しかった~~~!(笑) )

(^^♫♫♫

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年

このコラムに類似したコラム

誰も自分を知らない楽しさ 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/07/14 19:00)

他社への乗り込み 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/07/01 11:00)