SEO対策は軸と目線、そしてトータルバランス - SEO・SEM - 専門家プロファイル

SEO対策/セブンアイズ SEO/Webコンサルタント・プランナー
福岡県
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

SEO対策は軸と目線、そしてトータルバランス

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. SEO・SEM


執筆書籍「これからはじめるSEO顧客思考の教科書」は、Googleのアルゴリズムが変化していく中でも、指針として変化することの無いコアに焦点を当てています。


アップデートの度に、SEO対策の内容を変化させるなど、とても非効率ですし、本末転倒な行為です。
そもそも、そのような目先の手法では、目の前のことばかりに気を取られ、長い目で見ると、方向性すらも見間違えてしまう恐れもあります。
だからこそ、長期展望でのかじ取りや方向性を見誤らないよう、きちんとゴールへ向けての軌道修正が都度必要となります。
それぞれのSEO対策に対するスコア・配点及び重要度合も徐々に是正されるはずですし、この点も見越した、尚且つ可能ならば先回りした施策が有効となります。
なお、このゴールは誰の目にも明らかであり、それがユーザー目線の施策です。これさえ掴んでいれば、自ずと軸も定まってきます。
加えて、軸の周辺において、バランスを保てるように、トータル的なWeb技術も今後は重要となってきます。
内部対策の比重が高まり、コンテンツ重視へと移行することも明らかに理解できます。
しかしながら、現状のGoogleの技術力がどの程度のレベルなのかを見極め、その乖離を埋めることが必要となってきます。
精確に判断できるものなのか?それともまだまだ原始的レベルであるのか?等々…この立ち位置をきちんと見極めなければ、それも徒労に終わってしまうこととなるでしょう。
特に、ここ数年の傾向として、スマホユーザーの台頭を背景に、スマホ検索を重要視したホームページを制作することが最低限必要です。
可能ならば、レスポンシブWebデザインで、デバイスに関わらず情報が同じであるようなHPであり、URLも変わらないことが良いでしょう。
また、未来予測としては、定点観測から鑑みると、おそらくPCはより減少し、スマートフォンが主となる時代が近くまで来ていると感じとれます。
特に若者層は顕著であり、その層を逃さないようWebサイトをカスタマイズする事も先決だと思います。
今後の時代の流れを読み解き、そこに合わせる手法が今後も有効となるでしょう。



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福岡県 / Webプロデューサー)
SEO対策/セブンアイズ SEO/Webコンサルタント・プランナー

ターゲットにダイレクトに響くSEO対策で、メリットあるHPを追及

テーマは「見てもらえる」です。ホームページは目的ではなく、集客の"手段"です。SEO施策(1.キーワード調整 2.ソースコード改善)で、Webサイトの内面を見直します。

このコラムに類似したコラム

SEOの本(執筆書籍)、顧客思考をおすすめしたい理由 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2015/08/05 09:00)

SEOの執筆書籍(本)を比較してみる…(7月24日~発売開始) 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2015/08/07 10:00)

2015年7月24日、新刊SEO書籍発売! 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2015/07/24 10:37)

自分できる!SEO外部対策の実践方法 2 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/10 11:01)

オールドドメイン(中古ドメイン)のリダイレクトはスパム判定されるのか 河井 大志 - SEOコンサルタント(2013/05/02 14:23)