地盤調査って? - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

濱田建設株式会社 代表取締役専務
福井県
工務店
0770-22-0283
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

地盤調査って?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
お家を建てよう! 地盤調査編
 建物の構造を検討する際、上屋部分の構造を検討して必要地耐力を計算して

から基礎の設計をして行きますが、当然、その基礎を支持する地盤が悪ければ、

強固な基礎の設計をしても意味がありません。

ですので、通常、地盤調査をしてその地盤の地耐力を調査して

基礎の形状を検討し、基礎の構造の検討をして行くことになります。

(設計事務所の物件では、基礎の構造設計が終わってから地盤調査をする場合もありますが、

出来れば、地盤調査をしてから基礎の設計をする事が望ましいかと思います。)

(ちなみに、弊社では木造でありながら、構造体も基礎も構造計算をしています。)

 一般的に、木造ではスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)を採用される場合が

多いですが、SWS試験は小規模建築物の地盤調査方法には適しているのですが、正確な

地耐力の判定を必要とする際は、標準貫入試験や平板載荷試験を選定します。

 私も今までに、標準貫入試験も平板載荷試験もして来ましたが、コストがかかるのと

試験が大掛かりになる、時間も掛かる等、デメリットも有ります。

 一般の低層の住宅では、地盤調査は地耐力を判定することだけではなく、

不同沈下の可能性の有無を調べる事が重要になります。

 日本建築学会で出されています、「小規模建築物を対象とした地盤・基礎」 には、

住宅の地盤調査では、正確に支持力や沈下量を求める事が大切なのではなく、地盤と地層の

構成と不同沈下の可能性を調べる事が大切なのである・・・とも書かれています。

 写真は本日いたしました、地盤調査の模様です。自動で機械が回転する半自動式です。

記録も全てする自動式、手でする手動式があります。

 また、基礎の選定についてはコラムでご説明させて頂きます!

 来年の10月から瑕疵担保履行法が施行されます。

 弊社では、地盤、構造体、雨漏れと全てに保証をさせて頂いておりますが、

ぜひ、皆様も、今の段階で上記の保証をされておられる、会社に工事を依頼される事を

お勧めします。ちなみに・・・瑕疵担保履行法では地盤につきましては瑕疵担保責任外と

なりますので、地盤の保証も付けられると良いかと思います。

 ぜひ、建築家、工務店、住宅会社さんにご相談下さい。

 本日はここまでで・・・

 For The Customer 〜全ては顧客のために〜

      http://hac.meblog.biz/

  〜失敗しない・後悔しない・本当の家づくりのために〜

   つくり手の会 http://www.tukurite.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福井県 / 工務店)
濱田建設株式会社 代表取締役専務

スケルトン&インフィル設計で、長く快適に暮らせる自由な家を

福井県・滋賀県近郊で、スケルトン&インフィル設計での家づくりを手がける設計工務店です。時を経てライフスタイルが変化しても、各空間の用途を自在に変えられるのが大きな強み。自然エネルギーも最大限に活用し、低コストでエコな暮らしをサポートします。

0770-22-0283
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。