余談のコラム (プロフィール写真の模様替えを致しました♫) ☆_(_☆_)_☆ - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

余談のコラム (プロフィール写真の模様替えを致しました♫) ☆_(_☆_)_☆

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、一年前にここに専門家として登録をさせて頂いた時に撮影し、今までプロフィール写真に使わせて頂いていた自分の写真の模様替えを致しました♫

(^^♪

 

今まで載せていた写真は、本当はこの時に撮ったものの中で自分の一番のお気に入りなのですが…。

「では何故衣替え???」…ですか?(笑)

それは「少し気分転換をしたくなったから♫」です。(笑)

(*^^*) ~ ♫ 

 

 

それは何故かと言いますと、先日「個人的にとても好きなメッセージ♫ (まずは、小さな行動から)」のコラムでもお伝え致しました通り、

 

私は実家に有る自分の私物を全て自宅に運ぶ事になり、そのプチ引っ越しに伴い自宅の収納場所を改めて整理して、新しく増える物の為にスペースを作る作業に現在追われているのですが、

 

この際なので、片付けついでにとありとあらゆる収納場所を徹底的に全て整理し直し、

新たにどうしても必要になった必要最小限の家具や小物をコーディネートしてを買い揃え(この作業は、大変だけれど凄く楽しい♫)、

遂に実家に有った物と自宅に有ったものが融合されて、今まで以上に全ての物が美しく完璧に区分けされました♫

(*^^*) ~ ☆彡

 

 

それが私的には本当に気持ちが良く、そのついでと言っちゃ~何ですが、こちらの写真も模様替えをしたい気分になったのですね~~~。

(^^♪

 

 

それともう一つの理由ですが、写真よって私は実際より何故かとても若く写ってしまう時があり(不思議現象!?)、今回は少し実物のイメージに近い写真をサブに載せようと思ったのです。

サブにする所は、びみょ~~~な女心!? (笑)

(^^; 

ちなみにどちらの写真も同日に撮影したものなのですが…。

(^^✿

 

 

写真というものはイメージがとても大きいですよね?

写真て同じものを固定し続けると、見る方に全く年を取らない様な印象を与えるという詐欺行為(!?笑)もできますが、私はそういう "若作り" は後々自分が苦しくなって来ると思う質なのです。

(・・;)

そして更に年を重ねた時に、その時に撮った新たな写真に急に変える事になると、見ている人が物凄い年齢のギャップを感じられる可能性も無きにしも非ず…と、自分で勝手に思ったのであります。(笑)

( ・・) ~~~

 

 

実際私は、たま~~~にしかお会いしない或るバレエ関係者の方がプログラムに新しいお写真を載せていらしたものを拝見した時に、

いつもその方がプログラムに載せる写真のイメージがとても大きかったのでしょうね~、いきなり一気にお年を召された感じを受けて、とてもショックを受けた事があります。(笑)

 

その方は徐々にお年を召されて行かれたはずですし、いつもその方の近くにいらっしゃる方はその様なギャップは感じていらっしゃらなかったと思うのですが…。(ちなみにその方は、先生格の先輩に当たる男性でございました)

(^^;;

 

写真の中では私達は年を取りませんが、良くも悪くも人というのは日々刻々と変化し続けて行くのが事実であります。

( ・・) ~ ☆彡

 

 

 

 

 

自分がとっても好きな今までのプロフィール写真♫

一応自分の為に、記念のコラムにしておこうっと♫ (笑)

 

ちなみに又気分転換したくなったら、再度使用させて頂くかもです♫

(^^♪

 

 

 

私は以前にコラムでも書かせて頂きましたが、アンチ・アンチエイジング派の一人です。(笑)

(^^✿

 

生まれた生命は、必ず年を取って行くのが当たり前で自然ですよね?

私達人間だけでなく、例えば寿命で枯れ始めたお花が若返るのを、どなたか見た事がありますか?(笑)

《 ゚Д゚》!!

 

私は自然に逆らわず、抗わず、心穏やかに、ちゃんと年相応に自分なりの年齢を重ねて行きたいと思っている一人です。

(どうして世間は "老いて行く" という自然現象を忌み嫌い、アンチエイジングにそれほどまでにひっちゃきになるのでしょうか? それはこの世の「ご老人」を忌み嫌うのと同じではないですか?)

 

 

"老い" も自分の自然の一部として、その "ありのまま" の現実をキチンと受け入れる方が、私は人として心豊かになる様な気が致しますし、

それに無理して若作りする人には、その周りの方達がとても気を遣う場合もあるじゃないですか?(笑)

 

 

ですので、自分に取っても周囲の方達に取ってもちゃんと事実を見た方が、何より結局自分が楽だと思う派なのです♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年