生きる事を楽しむ秘訣♫ - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生きる事を楽しむ秘訣♫

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回のテーマですが、これは前回の「なにかのためではなく、ただ行動する」という行為の入り口に繋がる内容かもしれません。

✿_(_✿_)_✿

 

「生きる」という事は面倒な事が多いですよね?

何をするにも億劫に感じて「人生は、面倒くさい事の連続だ~~~ッ」とお感じになっておられる方は結構多いのではないかと思われますが、皆様はいかがですか?(笑)

(^^;

 

結論から申しますと、私達は「肉体」という "物質" で行動しなければならないので、そう感じてしまうのは当たり前っちゃ~当たり前で、それは人間の宿命なのですから、観念して諦めるより仕方ないのです。(笑)

(・_・;)

 

「面倒だぁ~~~」とグチった所で何かが変わる訳ではなく、逆にその様に不平不満に感じてしまう事が、もっと億劫に面倒くささを増す事に繋がってもいるのですから、

そういう自分を疲れさせてしまう思考には要注意ですし、その様な思考が人生を楽しく感じない様にしているとも言えるのですね。

《 ゚Д゚》!!

 

それは「玉子が先か?ニワトリが先か?」みたいなものと言えばお分かり頂けますか?(笑)

( 一 一;)

 

 

「生きる事を楽しいものにできるか?できないか?」というのは、

 

この死ぬまで続く "面倒くさい" と思える数々のものを「肉体というものを持っている人間だからこそ味わえる特権♫」という風に捉える "発想の転換" ができるか、できないか?に係ると私は思うのです♫

(^^✿

 

 

例えば掃除。

 

これは毎日やってもやっても、終わりの無いものですよね?

それは生きている限り永遠に続くものであり、やり続けなくてはならないものです。

(「自分は掃除をしない汚れた部屋にいても全然気にならない」という方は別として!?(笑))

(^^;

 

それを「どうせ又汚れるのだから、私は掃除をしない」となったら、どうなるのでしょうか?

(^^;;

 

その発想は「どうせいつか死ぬのだから、私はものを食べない」というのと一緒ですが、

皆さん、それはされない様ですね?(笑)

(食べる事だって、結構手間の掛かる行為なのですけれどねぇ!(笑) )

(^^;;;

 

 

つまり「生きる」という事はそういう事なのです。

それが「生きる」という事のシンプルでシビアな現実なのです。

( ・・) ~~~

 

 

その「生きるという事は、面倒くさいのが当たり前」というものをベースにされた方と、そうでない方とでは、人生の感じ方が全然変わって来るのです。

《 ゚Д゚》☆彡

逆説的な様ですが、その事実を人生のベースとして謙虚に認めて受け入れていらっしゃる方の方が、ご自分の人生を楽しまれておられる方が多いです。

(^^♪ 

何故なら、そういうベースを理解された方達は、少なくとも日々自分がやらねばならない「面倒くさくて当たり前」の事に対して文句を言う事の馬鹿々々しさに気付いているので、

 

自分や周りの人に「不平不満」や「愚痴」という、人生をつまらなくさせてしまうものを放つ事にはならないからです♫ (笑)

《 ゚Д゚》!!

 

 

それより何より、もう一つ。

「生きる事を楽しむ為」に大事なベースがあります。

 

 

それは「自分自身が好きである♫」という事ですね。

(^^♪

何故なら、私達が面倒くさいと感じる行為を「楽しい♫」という感覚に変えてくれる唯一のものが、この「自分が好き♡」という感覚だからです。

 

 

ご自分が好きな方は、それだけで「何をしても楽しい♫」と感じられてしまうので、性格がオープンでフットワークの軽い方が多いです。

つまり「面倒くさがらない体質」というものを得られているのです。

《 ゚Д゚》!!

 

それは明るく軽い波動の「自分が楽しい♫」という、パワフルで行動的なエネルギーが自分の中から出て来るから得られる体質なのですね~♫

(^^♫

 

そこには「面倒」と感じる方達の持つ "せねばならぬ努力" "させられている我慢" という「重たい波動からの感覚」が無いから、得られるエネルギーなのです。

《 ゚Д゚》

 

 

では「自分を好きになる」という事は、どこから得られるものでしょう?

それはどなた様に取りましても、「自分の個性 (精神的&肉体的) を否定せず、自身で認めてあげる事から」という事に尽きます。

(^^✿

 

自分に取って、良いものも悪いものも全て自分の一部なのだと認めてあげて(※本当は「個性」には良いも悪いも無く、それを生かせる場所に生きているかどうか?というだけのお話しだと私は思うのですが…)、

 

まずは「自分に感謝して生きる」という事をベースにされるという事が、「日々の変化を楽しく感じられる様になる秘訣」に繋がると思います。

《 ゚Д゚》☆彡

 

 

自分に感謝できる人は、他者にも、そして自分の人生にも、感動と感謝を持つ事ができます。

(^^ ♡

 

 

この世で生きていて、人間が「一番楽しい♫」と感じるものは、マインドで作られた不自然な "義理の感謝" の世界などではなく、

心から自然発生的に生まれる「感謝する・される」という感受性から来るのだと、私は感じているのです♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

             

 

        同じ風景を明るく撮るか、暗く撮るかのお好みは、自分の設定次第なのです!? (笑)

                        (^^✿

 

 

 

自分に取って「不運」と思える様な出来事にさえ「感謝」を感じられる方というのは、因果の法則を良く理解された方達です。

《 ゚Д゚》☆彡

 

「自分の創った過去が、自分の今に繋がっている」という自己責任があれば、何が起こっても「受けるものは受ける」という覚悟が人生でできますし、

 

「今の自分も又、自らの未来を創っている」という事が分かるので、反省するにしても明るく建設的なものになりますし、新しい自分にワクワクする思考にも繋がります。

《 ゚Д゚》☆彡

 

 

これが私流の「人生を楽しくする秘訣」の極意でしょうか♫

( ・・) ☆彡☆彡☆彡

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年