住宅検査って何をして、何が判るの? - 住宅検査・測量全般 - 専門家プロファイル

忘蹄庵一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士
03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅検査・測量

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅検査って何をして、何が判るの?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅検査・測量
  3. 住宅検査・測量全般
建物検査

「建物の状態に問題はないのだろうか」「建物のどこをメンテナンスすればよいのか判らない」中古住宅を購入しようとしたときにこのような不安を感じる方はたくさんいらっしゃいます。

住宅検査やホームインスペクションの通称で呼ばれているのは既存住宅状況調査のことで、今後のために建物の現状を把握したい場合に行われます。主に家を買うときに行われる調査で、住宅に精通した検査員(既存住宅状況検査技術者)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期などを見きわめ、アドバイスを行います。これにより住宅の購入前に建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。

検査は見える範囲、触れる範囲で非破壊による検査を行います。建物の外部、室内、床下、屋根裏、設備などを調べます。必要に応じて床下や天井裏に潜ることもあります。

建物の年月による変化は必ずあります。物理的な劣化は必ずやってきますし、徐々に進行していきます。こうした劣化は改善することが出来ます。だからこそ住宅検査が重要になってくるのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士)
忘蹄庵一級建築士事務所 代表

専門家の立場でご要望に親身に対応します

長く使い続けていただける心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えています。新築だけでなくリフォームやリノベーションの実績も多数あります。既存住宅状況検査や耐震診断などを行って中古物件に価値を生み出すことを大切にしています。

03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「建物検査」のコラム

このコラムに類似したコラム

住宅検査は誰がどのような検査をするの? 堀 紳一朗 - 一級建築士(2015/07/01 12:00)

住宅検査と耐震診断は違うの? 堀 紳一朗 - 一級建築士(2015/06/26 12:00)