どの様なダイエット法にも勝る「美容法」 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

どの様なダイエット法にも勝る「美容法」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

人は良く「あの人の様になりたい!」とか「こう在りたい」という理想を自分に持ちます。

( ・・) ~~~ ☆彡

 

それは向上心に繋がる能動的な情熱で、或る段階に於いては人間が成長する為に必要でもある欲なのですが、

ちょっと視点を変えて見ると、それは今の自分に不満を持っていたり嫌っている部分が有るから生まれる欲望でもあるという事にお気付きですか?

《 ゚Д゚》!!

 

つまり「今の自分自身を愛せていない」という、そのコンプレックスから生まれている「自己否定」の反動から生まれる情熱エネルギーでもあるという事です。

 

ご自分の肉体を「憧れの〇〇の様にしたい!」と思い、数々の努力をする時、そこに自分の体へ対する愛情や感謝が有るか無いかで、その効果は全然違って来る様に私は思えるのですね。

《 ゚Д゚》~ ♡ or ♥

 

 

 

どの様な肉体であっても、自分が気に入らない部分が有ってもそれを否定せず、むしろそれを自分の「個性」と捉えて、その個性を生かしながら自分に取ってのバランスや工夫を考え努力をするのが本物のオシャレさんではないかと私は思います。

 

人間の肉体や容貌は、或る程度の努力で変えられるもの (=筋肉の質や位置等) と、変えられないもの (=骨格などの素材から来る全体のバランス) があるからです。

 

 

 

「〇〇の様になりたい!」と思っても、あなたは〇〇さんではないのですし、或る程度「似せる」事はできたとしても、それは単なるコピーであり、又二番煎じでしかありません。

 

そしてコピー=二番煎じというものは、決してオリジナルを越える事はできませんし、又、物真似する方というのはオリジナルの方と違い、すぐ人に飽きられてしまうものです。

(^^;

 

 

真の「個性」というのは、自分の好きな所も気に入らない所も、全て受け入れて愛してあげる事から生まれます。

《 ゚Д゚》☆彡☆彡☆彡

 

 

又、本人には「コンプレックス」と思える事でも、他人から見たら「そこが好き♪」と感じる様なチャーミングポイントになっているという事も、良くある事なのですよ♫

 

「自分がこう在りたい」と思うものが「自分に似合っているかどうか?」と言うのは、必ずしも一致するものではないかもしれないという視野も必要だと私が思うのは、

 

 

人間は時に「自分の事が、一番良く見えないもの」でもあるからです。

(^^;

 

 

あなたは何の為にダイエットをしますか?

何故努力をするのですか?

 

 

そのお答えは「美しくなる事=健康になる事」なのではありませんか?

 

 

人が人を「美しい」と感じたり「魅力的」だと感じるのは、その人がいかに自分を大事に愛しているかという、そこから生まれるオーラを感じ取るからではないかと私は思います。

( ^^) ~~~ ☆彡

 

 

ダイエットをするという裏側には、本当は「魅力的になって人から愛されたい願望」というものがあるはずですね?

でも本当は「痩せているから」「筋肉がしっかり付いているから」愛されるのではなく、「自分を愛している人」に人は魅力を感じているのです。

( ^^) ~~~ ♡ ♡ ♡

 

 

肉体的なものはセックスアピールとして一時的には魅力を感じられても、もしその方の中に知性的なものが無ければ、人はすぐにそんなものには慣れて飽きてしまうものです。

 

 

ですから「ご自分を好きになる=どの様な条件でも、ご自分の全てに感謝する」という事が、深い叡智から理解できる知性や感覚を持った方以上に、人が人を美しく感じさせるものなど本当は無いのです♫

 

 

そしてそれは、どの様なダイエットにも勝る美容法です♫

(^^☆彡

 

 

 

 

 

 

雲はとても流動的で個性に溢れた存在です。

だから見ていて飽きません♫

(^^♪

 

 

 

これは私の感じ方ですが…。

 

人を一番美しく輝かせるものは、その方が内面にどれだけ目に見えないものへ「感謝の心」を持っているか?という事ではないかと思います。

☆_(_☆_)_☆

 

 

そういうお心を持たれている方というのは、「感謝」を頭で考えているだけだったり、又それを口先でチャラチャラと外に向かって表現される様な、そういう安っぽいパフォーマンスをされる方の事ではありません。

 

 

内面に本物の感謝をお持ちの方は心身共に健康なので、ダイエットなどの必要を感じない方達。

もしくはご自分の編み出されたオリジナルのゆとりの有る「ダイエット・スタイル」をお持ちで、それを感謝しながら日常を楽しんでおられる方達ではないかと思います。

☆_(_☆_)_☆

 

 

人間が「美しくなりたい!」と思い努力するのは素晴らしい事です!

やらない人よりも、やはり努力されている方の方が、断然魅力的な事なのは間違いありません♫

(^^✿

 

誰もが最初はその入り口から入ります。

 

 

けれど最終的には「ダイエットなど必要と感じない自分に成る」という事が、その最終目標であって欲しいと思うのは、私だけでしょうか?

( ・・) ~~~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年