「自己肯定」と「自己否定」 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「自己肯定」と「自己否定」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

最近はここのコラムで「自己肯定」と「自己否定」に付いて触れる機会がありましたので、今回はそこの所を深く掘り下げてみようかと思います。

☆_(_☆_)_☆ 

 

多くの方は「自己否定」には長けて(!?笑)いらっしゃる様ですが、「自己肯定」となると、何故かご自分の中にかなりの抵抗感をお感じになったり、それを実行するのにかなり勇気が要るという方が多くいらっしゃる様にお見受け致します。

( ・・) ~~~

 

それはきっと「自己肯定」というものを「自分のエゴを通す事」とごっちゃにされてしまい、「良くないもの」と捉えて躊躇されたりするからではないかと思います。

(^^;

 

でもその様に悩まれる方というのは、実はとても良心的な方なのですね。

何故なら本当にエゴの強い方は、その様な感覚は持ち合わせていらっしゃらないからです。(笑)

 

ですので「自己肯定が苦手」という方は、どうぞご自分に自信を持って下さい!?(笑)

でも「自己否定」は、ご自分に対してとても失礼な事をしている訳ですから、そういう視野からもご自分を見てあげて下さいませ。

(^^✿

 

 

以前のコラムで「 "自己否定" は何から来るのか?」というお話しをさせて頂いた通り、それは両親を始めとする周りの "自己否定" で生きておられる大人や社会からの教育で洗脳されて、自分の中に自分で無意識に育んでしまったものから来るという事ですが、

 

その対処法として、「精神的に自立して、自分が自分の親になり、自分で自分を育て直す」という作業でその洗脳を解く事ができるという事もお伝え致しましたね?

(^^♪

 

そして、あなたがご両親を始めとする周りの人達から「自分が否定された」と感じたものは、実は自分を否定しながら生きているそういう人達が、それを単にあなたという人間に投影している姿に過ぎなかったのに、

 

自分自身でそれを「受け入れて」しまった為に、あなたもご自分を否定しながら生きる人間の仲間入りをしてしまったという事ですね。

(・_・;)

 

 

その様にまず「自己否定」をしている自分に気付いて行く事と同時に、私達は「自己肯定」という作業に入る訳なのですが、

そこで多くの方が突っかかるのが、先ほど申しました様に「自己を肯定するのに、どこからがエゴになるのか分からない」という迷いなのですね~。

(・_・;)???

 

 

 

でもその迷いは、「自己肯定」という事を「自分が正しい事を、他人に証明する事」という様に、間違った捉え方をしてしまう事から生まれているのですね。

《 ゚Д゚》!!

 

その様な捉え方が正に「エゴ」であり、本当の意味の「自己肯定」というのはその様な事では無いのです。

(・。・;

 

本当の「自己肯定」というのは、自分で自分を好きと感じるものも、自分で自分が嫌いだと感じているものも、その自分の全ての「在るがまま」を素直に認めて "自分に受け入れる"という事です。

《 ゚Д゚》☆彡

 

つまり、自分でも否定したい "自分の嫌いな部分" も含めて「自分で自分を愛してあげる」という作業が本物の「自己肯定」なので、そこには他人への証明など必要無いというのがお解り頂けますか?

(^^✿

 

 

 

自分の嫌いな所を自分が嫌がって、それをあなたに見させまいとするのは「エゴ」の仕業です。

ですから「本当の自分から目を逸らす」という行為こそが、「自己否定」そのものなのですね。

(^^;

 

「エゴ」というものは、とても自己顕示欲が強く、とても「エエかっこしい」であり、

「自分は何にも汚いものは持っていない」と言う様な顔をしたがるので、とても秘密主義で隠蔽体質なのです。

 (^^;;

 

何故ならエゴにはどこにも真実は無いので、その「嘘」がバレない様に色々なものを隠さなければならないからです。

(^^;;;

 

 

「自己肯定」が進んだ方ほど自分の内面を隠す必要が無くなる分、 open heart (オープン ♡ ハート) に成って行きますから、自分自身にとても信頼と開放感がありますし、その分人に優しくなれて感情的に怒るという事が無くなって行きます。

 

それは自分が「良くない」「嫌いだ」と感じ、自分の欠点として目に見えていたものが、見方を変えれば「自分の個性」である事に気付くので、否定しなくても良いのだと自分で解るからなのですね。

 

それは正に "自分で自分を愛し始める" という「自己肯定」の入り口なのです。

《 ゚Д゚》☆彡☆彡☆彡

 

 

そこに来れた方は、且つての自分でもある「自己否定」の方を "慈愛で導く"  "慈悲で叱る" という事は有っても 、"自分の為に感情や気分で相手を怒る" という事が無くなって行きます。

 

そしてその場合、その方が「自己肯定」されている分だけ、人に対して「説得力」を持つ事ができるのです。

(^^✿

 

 

もしご自分の中でその判断が難しいとお感じになったら、その様な事をバロメーターにされてご自分を内観されてみると良いかもしれません。

 

ちなみにこの「自己否定」と「自己肯定」というのは、人間が持つ人生最大のテーマなのではないかと私は感じております。

 ☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

この様な優しい空…。良いですよね~♫

(^^♪

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年