自分への「気付き」に付いて - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分への「気付き」に付いて

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

先日から「問い合わせの方に有意義なご質問を頂いている」シリーズですが、今回もご質問者様の承諾を得て、そのやり取りをここで共有させて頂きます。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

☆質問者様からのご質問☆

 

大園様


私はいつも同じようなパターンの恋愛になってるところがあり、すごく自分を変えていきたいなと思っていていつも色々考えたり調べたりしているうちに頭の中がこんがらがり、どつぼにはまっている気がしました。

 

ただ質問させて頂いて思ったのは、彼の事を通して浮き出た問題のように見える事は、実はすべて自分自身の事というか自分次第なんだろうなとつくづく思いました。



多分彼も私と同じようなところが内面にあるなぁと思い、彼をあきらめる=自分の成長をあきらめる的なところがあったように思います。

 

(これはアドバイスで言われた)「自分を表現するのに、本当は(彼に限らず)相手は必要無い」ってところですね。

 

あとコラムにも書かれていたと思うのですが、「自分で自分の答えが出せる」。。早くそうなりたいです。

今は色々焦りみたいなのがあるせいか、空回りしているような気がします。

 

今のもがき(笑)みたいなのが後々すーっと1つの道みたいにつながって解決できるイメージを抱いておきます。
やはり今は自己肯定感。これが今の私には必要な気がするのでこれに集中してみたいと思います。

ありがとうございます。

 

 

 

 

☆大園エリカの回答☆



同じパターンの繰り返しというのは、皆それぞれ人生で持っているものです。
勿論私も自分の人生で有りますよ。だから貴女様と人生の課題は一緒ですね。(笑)

 

これは私の勝手な解釈ですが、そういうパターン化されて何度も何度も自分の人生で繰り返し見させられるものは、きっと前世からの持ち越し宿題なのではないかと思います。

 

持ち越し宿題とは「前世でクリアできなかったもの」という事ですが、

 

例えばそれは「人生で何かをやり切れなかった思いが残ってしまった」とか「誰かに執着を持ってしまった=それが恋愛であったり、親子や家族関係の執着や確執から来る愛着や憎しみなど、自分の中でクリアにできていないもの=経験をし切れていないもの」ですが、

 

それを現世でクリアにしてその課題から卒業する為に、「自分で気付く」まで同じパターン現れるという捉え方ですね。

 

でもその宿題は「やり尽くした時」「気付いた時」に終わると言いますから、今はその課題の卒業に向けて、その為の貴重な学びの真っ最中であるという事だと思います。

 

ご自分の人生に起きて来るパターンに気付けていらっしゃるだけ、貴女様は結構エエ所まで来ていらっしゃるのです。

世の中の殆どの方は、その様にご自分を冷静に客観視できずに他人や環境に責任転嫁をしたり、自己逃避をされて堂々巡りの苦しみから脱却できないでいらっしゃるのですから…。


 

ちなみに、こちらのアドバイスもコラムにさせて頂きますね。

これからは基本、貴女様とのここでの有意義なやり取りは「コラムに載せさせて頂く」という事を了承頂いていると捉えさせて頂いて宜しいですか?

又もし「今回はコラムに載せないで欲しい」という様な事があれば、その時は私にお伝え下さいませ。



大園エリカ

 

 

 

 

☆質問者様からのご質問(二つ)☆

 

大園様

 

ご連絡ありがとうございます。コラムに載せるの大丈夫です。どうしても載せてほしくないような内容の時はあらかじめお知らせしますね。



大園さんに言って頂いているとおり、私は自分の中で色々な気付きがあり結構いいことろまで来ている気はします。笑


ただどうしても自分の長年培ってきた癖にまた押し戻されそうで、もがいてる?ところです。笑
もう少し余裕ができて、このもがきを楽しんでいけるといいんだろうなぁと思います。



いつもご丁寧にありがとうございます。

PS許すことにつながる・・。何となく分かる気がしました。

 

 

大園様

 

私いつも思ったり、人に言われたりする事が1つあります。

それはなぜ?と疑問から始まり答えを見つけようとするところです。

 

これがいいのかよくないのかは分かりません。ただ人によっては追及されている感じがして、いい気がしない人もいると思います。

 

やはりこれも前に言っておられた思考の癖みたいなものでしょうか?

自分の中での漠然とした答えに自信がなく、「正解」というのを突き止めようとするところもあるかもしれません。

 

宜しくお願いします。

 

 

 

 

☆大園エリカの回答☆

 

疑問が出て来るのは素晴らしい事で、それだけ貴女様が「矛盾」にお気付きだという事です。

 

これは私の感覚ですが、それは癖では無く、多分貴女様の方が周りの方達より物事を正しく捉えて観ておられるからではないかと感じます。

 

他人に責任転嫁をして自己逃避をされておられる方が90%のこの世の中では、真実がクリアに見えてしまう人間は「疎ましい」と捉えらえてしまうものなので、多勢に無勢で数に圧倒されて委縮してしまっておられるという構図が目に浮かびますが(笑)、

 

貴女様は、もっとご自分に自信を持たれて良いと私は感じます。

 

ただ、世の中に多い自覚無く「自己逃避」「自己否定」をされている方達に対してそれを理解してもらう為には、その伝え方があるという事だけでしょう。

 

これは私にも言える事ですが、「相手の立場に立って、相手が理解できる様な表現法」というものを人生の経験から少しずつ学んで行かれれば良い訳で、ご自分がクリアに観えてしまうものを否定される必要はどこにも無いのです。

 

ですので、もっとご自分を信頼されて良いのではないかと思います。


 

大園エリカ

 

 

 

 

☆質問者様からの返信☆

 

大園様

 

大変温かいメッセージありがとうございます。そう言っていただけるとそのままでいいんだっていう自己肯定感につながります。本来きっとこれを自分でいいんだって認めてあげれればいいんでしょうね。

自分で認めていくことにより人に聞く必要もなくなるのかもしれませんね。笑

 

確かに「相手の立場に立って、相手が理解できる様な表現法」とても大事だと私も常々思っています。
大園さんの言葉の表現とても参考になります。

 

少しづつ学んでいきたいと思います。ありがとうございます。


 


 

 

 

 

以上が、今回の質問者様と私との有意義なやり取りでございました。

(^^✿

 

今回も、こうしてここのコラムに書かせて頂く事を快く承諾下さったご質問者様には、私は心より感謝を申し上げます。

どうもありがとう。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

綺麗な夜明けですねぇ…!

一日の始まりに、この様にドラマチックで華やかな色合いの空を観るのが私は大好きです♫

(^^♫♫♫

 

 

 

 

「自分に気付く」という事は「本来の自分を思い出す」という事であると言われますね。《 ゚Д゚》~ ♡

 

「自己否定」「自己嫌悪」「罪悪感」「後悔」「被害妄想」「自己憐憫」等々は、ご自分を大事にされていないという、本来の自分から一番遠ざかるものではないかと私は思っています。

( 一 一) ~~~ ×××

 

 

ご自分がもし他人だったら?

自分が自分の相手だとしたら、相手が「こう感じている」「こう思っている」という事を、あなたは否定しますか? 肯定しますか?

《 ゚Д゚》!?

 

そして、自分が本当は「そうだ」と思っているのに、その他90%の人が「それは違う!」と言われたら、あなたは自分が肯定していたものを、その数により(多数決で)変えてしまわれるのですか?

 

殆どの方が「人と違う=奇人変人扱いされる事」を怖れて、そうして自分の眼=個性を捨ててしまうのです。

そうして自分の本音を押し殺し、見えない様に押し込めて「皆と同じという仮面」を被る事で、自分を保護しようとして不健全な病気(精神&肉体)になって行くのです。

(^^;

 

世の中は、その様な方達で溢れ返っています。

そしてその様な方達が、大多数の中の「多数決」を生み出しているのです。

 

皆がそれぞれ違う「個性」を持っているという事は、皆がそれぞれユニークな存在であるという事でもあり、そういう意味で本当は人間は皆が「変わっている」のですけれどね~。(笑)

そう!私もユニークな奇人変人だし、あなたも独特な個性の奇人変人です!(笑)

(^〇^)~♫

 

自分だけは "まとも" だと思いたいという人間の性(サガ)がありますが、では「まとも」とはどういう事を言うのでしょうか?

多数決の意見であれば、ま・と・も???(笑)

(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;

 

 

…… な~んて、その様な視野でご自分をご覧になる事も、又自分への「気付き」に繋がって行くのかもしれないですよ♫

 

 

ちなみに私は自分を大切に尊重しておりますので、

きっと大多数の方達からみたら「奇人変人」である自分を、今は思いっ切り肯定し愛しておりますの♫ 

ほほほ♫(笑)

 

私は誰よりも自分の感覚と眼を信じています。

( ・・) ☆彡☆彡☆彡

 

だから私は、人が「こうあるべきだ」と感じたり言われる事よりも、自分で感じた事を信じて最優先するのです♫

そして皆様もそうあるべきなのです。

( ^^) ☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

(自分の眼が一番信頼できる様になり "迷い" が無くなった時、私達は人間を卒業できるそうな!?(笑))

 

 

ちなみに、その自分の感覚がエゴから来るものかそうでないかを見分けるバロメーターは、人との比較や競争から離れた、自分の中に生まれる穏やかな「調和」や「平安」が鍵となります。

☆_(_☆_)_☆

 

 

I  love  myself !

You  too ?

(^^ ♡ ♡ ♡

 

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年