「遮熱」を考える - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「遮熱」を考える

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
現場から大地に還る家を考える 晴耕雨読の家
熱の伝わり方は、伝導・対流・輻射の3つである。
これまで、屋根は外壁よりも遥かに強い日射熱を受けるので、外壁よりも厚い断熱材が必要だった。
これは日射熱を伝導熱としてみていたからである。
しかし、実際には輻射熱の影響の方が遥かに大きいことが分かっている。
NASAで開発されたリフレクティクス、あるいはアストロ-Eといった遮熱シートがあり、
これを敷き詰めることでこの輻射熱の55〜75%以上をカットすることができる。
輻射熱を考慮し、断熱材の伝導熱基準を見直す必要があるのではないだろうか?

(写真は、遮熱シートの効果を活かすために胴縁を打って屋根下地との間に18mmの通気層を造っているところ)