心のアンチ・エイジング - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

心のアンチ・エイジング

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

前回に引き続き「アンチ・エイジング」というものに付いてのお話しを少し♫

_(_^_)_

 

多くの方は「肉体」のアンチ・エイジングというものには心を砕かれても、「心」のアンチ・エイジングにはあまり関心が無いという方も多い様な気がするのですが…。

(^^;

でも私には、或る意味不毛で行き過ぎる「肉体のアンチ・エイジング」から精神を疲弊させる事より、生涯取り組める「心のアンチ・エイジング」の方が、人間にはより大切で重要な気がするのです。

 

 

何故なら「心」は肉体と違い "年を取らない" という事と、心は自分の意識で「自己管理・自己コントロール」する事が可能なものであり、より建設的で現実的なものだからです♫

(^^♪

(※肉体というのは長年使えば車と同じで古くなり、傷んだりしてしまうのは致し方無い人間の宿命であり、或る程度メンテナンスをする事で、それを多少遅らせる事はできても、確実に「老いて衰えて行く」という事実は、自分ではどうしようもないものでもあります)

 

 

「若さ」とは一体何でしょう?

それは本当は、目には見えない「心」がいかに若いか?という事なのだと思います。

(^^✿

 

ではその「心の若さ」とは具体的にどういう事を指すのでしょう?

それは「心が柔軟である事」ではないでしょうか?

(^^✿✿✿

 

 

絶えず変化し続けるのがこの世の真理なので、いつも新しい出来事に遭遇するのが私達の人生なのですが、(※自分が「知っている」と思い込んで慣れてしまっているものも、絶えず変化をしています)

 

そういう変化に対して、いつでもしなやかに心を開ける「好奇心」「静かで熱い情熱」「勇気」というものを、いつまでも持ち続けられる人の事を、私は「若い」と感じるのです。

☆_(_☆_)_☆

 

そして、そこには「肉体」というものは、実は全く関係が無いのです。

《 ゚Д゚》☆彡☆彡☆彡

 

 

世の中には肉体の年齢が若いのに、心がやたら頑固に強張って、もうすでに老人の様な子供もいれば、

かなりお年を召されて肉体は衰えていらしても、いつも心が瑞々しく、どんな事でも前向きに「初めての経験」として、新鮮に楽しめる感性をお持ちの素敵な方もいらっしゃいますね?

(^^♪

 

 

人が人に魅力を感じるものには、

 

肉体が醸し出す「セクシャリティ」というものと、

心で感じるその人の「品性」や「知性」というものがあります。☆彡

 

では、どちらが「人が人を飽きさせない」という本当の魅力になるのでしょうか?

それは最終的には「肉体美」や「美貌」などではなく、その人の持つ「品性」「知性」という魅力にしか無い様に、私は思います。☆彡☆彡

 

特に、長いお付き合いの中で「人を飽きさせない魅力」というものを持っていらっしゃる方がいらっしゃいますが、その魅力は一体何から来るかと言うと、

「この人は、自分が知らない "未知" のものを知っている!」「この人を知りたい。この人から学びたい!」と思わせてくれる、人としての品性や知性の持ち主という事からなのです。☆彡☆彡☆彡

 

 

それは相手に対して「本当は飽きているけれど、楽だから惰性で付き合う」というものとは全然違う、

「この人といると、いつも新鮮」という感覚から生まれる、時間や年齢を超えた "若々しい" 人間関係を常に味わえる相手という事なのです。

☆_(_☆_)_☆

 

 

何故人間は、こんなに「肉体」を磨く事にひっちゃきになるのか!? というのは、

 その「肉体の魅力」を磨けば人を惹き付けられて、相手からそういう関係を得られるという勘違いから来ている気がするのですが、

 

そういう「肉体信仰」の寂しい思考の根本に在るものは、本当はそういう「心からの関係」を、他人と自分に求めているという事の裏返しなのではないでしょうか?

( ・・) ~~~

 

でも残念ながら「肉体」というものは「魂」と違い、永遠ではないのです。

( ;_ ; )

 

「年を取る事が怖い」と感じてしまう方は、そういう視野が無いからそう感じてしまうのでしょうし、

それ故「肉体の若さの維持」というものに、執拗に執着してしまう。

 

 

そしてそれは、年中「自分の肉体の衰えばかりに目が行く」という皮肉な結果を得てしまい、決して心の休まる事の無い世界に生きてしまう事にも繋がっています。

( ; _ ;)

その様な生き方は、年齢を重ねれば重ねるほど、とってもとっても苦しい生き方になってしまうと私は思うのですが…。

(・_・;)

 

 

皆様は、どうお感じになりますか?

(?・・) ~~~ ☆彡 or ★彡

 

 

 

 

 

 

空の様に、いつも心は新鮮に若々しくいたいものです♫

(^^♪

 

 

 

「心のアンチ・エイジング」とは、無駄なものを削ぎ落とし、この世の真実がクリアにハッキリと正しく理解できる様になる「精進」の事なのだと思います♫

もっとも、この世に生まれたという事だけで、すでに精進なのですが。(笑)

(^^♪

 

「心」をアンチ・エイジングして正しく求めれば、「精進」という素晴らしい経験を楽しめる様になり、「人生の達人」と呼ばれる様に成って行くのでございましょう。

《 ゚Д゚》☆彡

ちなみにこの「精進」というものは、死ぬまで (いや、死んでも!? 笑) 続いて行くのでございますから、楽しめた方が良いに越した事はございませんが、

 

 

やはりどなたに於いても、この地球という星に住みながらの「人間稼業」というものは、決して楽では無いのでございますぅ~~~ッ。(泣き笑い)

(^^; (^^; (^^;

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年