定期付養老保険 - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

田中 香津奈
かづなFP社労士事務所/株式会社フェリーチェプラン 代表取締役
東京都
CFP・社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

定期付養老保険

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
かづな先生の新保険ゼミ 02.加入している生命保険の種類は?

(主契約「養老保険」+特約「定期保険」=定期付養老保険)

 保障ニーズ : 死亡|医療|介護|老後|その他




定期付養老保険とは、養老保険に定期保険をセットした保険で、一定期間に亡くなったとき、一時金で死亡保険金が、あるいは、満期まで生存したときに満期保険金が受け取れる保険です。通常の養老保険は死亡時も満期時も同額の保険金が支払われますが、定期付養老保険は同額ではなく、死亡保険金は満期保険金の2倍、5倍、10倍といった手厚い額となります。文字通り、養老保険に定期保険が付いているだけなので、分離して考えるとわかりやすいです。
養老保険は、満期金があるのがメリットですが、定期保険と同じ保険金額で保険料を比較すると割高になります。また、ある程度の死亡保障が欲しいけど、高い保険料は支払えないし、そうはいっても、満期がきたときにすべて掛け捨てはイヤという方もいます。そこで、最低限の満期保険金を「養老保険」で用意し、不足する保険金額を割安な保険料の「定期保険」で用意する「定期付養老保険」が一つの保険加入プランとなりました。昭和23(1948)年に2倍型、昭和34(1959)年に3倍型が発売され、昭和55(1980)年代までの漢字生保の主力商品となり、現在はかんぽ生命の「特別養老保険」が代名詞となっています。 

養老保険の比率よりも、定期保険の割合が高い場合、保険料は割安になりますが、貯蓄性はほとんど期待できません。 貯蓄性を期待して加入した方は、養老保険と勘違いしていないか、確認が必要です。 参考までに、下記に種類一覧をまとめますが、「普通養老保険」も「特別養老保険」も商品名(ペットーネーム)は同じですので、しくみの違いを認識することが大事です。



養老保険に医療特約をつけていると、満期を迎えたときに、同時に医療保障も終了してしまいますので、気をつけましょう。

この保険が向いているタイプ 

掛け捨てはイヤ、満期時にある程度現金が戻ってきて欲しいタイプ

定期保険と違って、全くの掛け捨てではありません。一定期間だけ保障がほしいけど、満期時に気持ち程度の現金がほしいなあという方にはピッタリの保険です。

(2005.2.27公開 2015.2.19更新) 

このコラムに類似したコラム

養老保険 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/02/16 07:00)

かんぽ生命も販売停止 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/01 14:41)

データから検証! 医療保険は本当に必要なのか? 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/31 19:25)

歴史で覚える日本の生命保険2 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/10/29 07:00)

満期保険金・解約返戻金を受け取ったとき 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/10/15 07:00)