「興奮」する為の刺激を人生の目的にすると、心は迷い最後は病んで行く - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「興奮」する為の刺激を人生の目的にすると、心は迷い最後は病んで行く

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

さてさて、今回のお話しは前回とは打って変わり、

或る程度の年齢を重ねた方向けと言いましょうか、そうでないと理解できないお話しかもしれないと思いますが…。(笑)

_(_^_)_

 

私達人間は、自分を興奮させる事や、興奮させてもらえる "刺激" が大好きな動物ですね?

(人に認めてもらって喜んだり、自己アピールをしたり、賞賛されたり褒められたりして喜ぶ事も、自他問わず "刺激" から得られる「興奮」の一つです)

(^^ゞ

 

その理由の一つに、興奮というものが「生きている」という実感をくれるからというものがあります。

だから人は、その興奮を与えてくれる "刺激" を年中自分の周りに探し続けてしまうのです。

(^^;

 

刺激の無い「平凡な日常」の中にいると、何故か落ち込んでしまうという方は多いのではないかと私は推測するのですが、

 

 

その様に「生きている実感」が欲しくて、人生の中の "刺激" から得られる「興奮」を追い求め、それを得る為に人は努力をします。

そして、それを或る程度以上味わって来ると、今度はふと立ち止まって「人生って何だろう???」と、自分自身では答えの出ない疑問を持つ様になるのです。

(たまに、そうならない "業" のエネルギーの大変強い方 = 今世の人生だけでは刺激や興奮を味わう事がまだまだ足りないという方もいらっしゃる様ですが!? 笑)

 

 

それは、「我を忘れる」様な興奮する事を追ってみても、そういう一時の幻に、どこか「空しさ」を感じて行く様になるからです。

その様に、人は自分の人生の経験を通して、少しずつ人生の「真実」に気付き始めます。

 

そして、そういう刺激から得る「興奮」が、自分の考えていた様な「人生」ではないと感じ、何か違うと薄々感じ始めるものなのでしょう。

《 ゚Д゚》???

 

知性のある方達は、「興奮」というものが、人生そのものの答えではないという事に気付いて来る。

「興奮」は、一瞬で燃えて無くなってしまう花火の様な「空虚」なものだという真実を、シビアに垣間見てしまうのですね。

  

 

でも、そこに気付かれた方が人生というものに落胆されて、落ち込む必要は無いのです!

何故なら、それはこの世の真実が正しく観え始めたという事だからです♫

(^^♪

 

そういう真実に気付かれた時から、「生きる」という事に対しての意識をシフトチェンジができるチャンスを得たという事にも繋がります。☆彡

 

つまり逆に、人生に「花火の様なもの」を追い求めなくても、心を健全に「生きる」という事が始められて、

そして人生最後の一大イベントでもある「死」というものも、心穏やかに自然に受け入れて行く事ができるという事に繋がって行くのです。(※「生」と「死」は、表裏一体で同じもの)

 

 

それは、今まであべこべだったものの見方を変えて、逆転の発想で「人生」を眺められる余裕やゆとりを持つ生き方に、シフトチェンジし始める事でもあるのです。

《 ゚Д゚》!!

 

「生きる」という事がどういう事であるかの真実が理解できれば、「興奮」というものへの見方がまるっきり違って観えて来るなど、自分の意識が変わるのです。

《 ゚Д゚》☆彡

 

刺激には色々なものがありますし、人によりどういう刺激がお好みなのかは様々でしょうけれど、

刺激を求めて興奮する事は、実は「自分の内面から目を逸らす為に、自分を興奮させたがる」というものが含まれているのです。

《 ゚Д゚》!!

 

 

この様なものの観方からご自分の人生を見つめ直してみれば、平凡な日常というものの方が「生きる事そのものである」という事に気付けて、

 

その観方の基準が変われば、生活そのもので「刺激が無い」事に落ち込む必要が無くなりますし、

 

故に、いたずらに「興奮を追い求める」事に依存する必要も無くなり、そういうものは人生の「おまけ」としてゆとりを持って楽しめる様になり、日々を平穏に穏やかに淡々と過ごして行ける様になります。

(^^♪

 

 

そうして自分にゆとりが持てる分、「当たり前の事が、当たり前じゃない」という事が視える様になり、深く理解できる様になって行き、

 

何事もゲームの様に楽しめる様な知恵を授かり、「興奮」の後の反動で生じる空虚感から解放されますから、

「落ち込み」「鬱」などになるという様な事も、自然に無くなって行く事でしょう。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

パステルカラーの雲は、どこか柔らかくて暖か~い♫

(^^✿

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年