人から答えをもらうだけでは、決して自分のものにはならない - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人から答えをもらうだけでは、決して自分のものにはならない

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

私はここのQ&Aコーナーで、ダイエットやその他、特に心理面でのお悩みにお答えする事も多いので、

必然的に質問される方達の中で「意識の違い」というものを感じさせて頂く事が多いのですが、

( ・・) ☆彡?★彡?

 

その中には、ご自分で真剣に悩まれ、自身で色々お考えになった上で、最終的には「きちんと自分で答えを出す!」という自己責任の心構えをしっかりお持ちになられて質問される方達も多くいらっしゃる反面、

《 ゚Д゚》☆彡

 

単に安易に、人から「答えを頂戴~!」という気持ちで質問され、解決されようとされる方もいらっしゃいます。

(^^;

 

どの様なものでも、安易に「人から答えをもらう」だけで解決できるという、そういう甘い意識で質問される方というのは、例え努力をされたとしても身に付かず、結局「自分のものにはならない」という事があります。

_(_^_)_ 

 

 

人や本などから専門的な知識を学ぶ事は大切です。

経験豊かな方の意見を参考にされるのも必要です。

 

 

けれど、そういう知識を得た後の「自分で考えて、それをキチンと行動に移す」という行為の方が、もっと人間には大事なのです。

《 ゚Д゚》☆彡 

 

最近の方達の中に多く感じられるのは、何でもインスタントに、そして欲張りに、 "美味しい答え" を得ようとされる傾向でしょうか?

 

「楽して何かを得たい」と希望する事の裏に在る、自分の怠惰さや勘違いに気付けていない。

「自分の願望全てを満たしてくれる答えが欲しい」という、欲張り過ぎる自分に気付けていない。

 

「 " 労せず楽 " をしながら、願望を全て叶えてくれる答えは無いか?」と、自分に取ってパラダイスの様な美味しい答えを期待するというのは、例えばダイエットで言えば、

 

「食事のバランスや量を考えたりしないで済んで、欲望に任せて自分の好物を好きなだけ食べながら、面倒くさい運動も何もせずに、太らない方法は有りませんか?」

 

という様なものですね?

(・・;)

 

そういう方の傾向としては、自分の求めている様なお答えが出ないと不満になったり、自分の望む甘い答えをくれる人が現れるまで、同じ内容の質問をし続けたりというのがあるのですが、

 

そのお姿は、占いや霊能者にハマってしまって、自分のお気に入りの答えを出してくれる人を取っかえひっかえ探し続けて行く心理に良く似ています。

(^^;

 

 

この世は全て「プラスとマイナス」「陰と陽」「正と負」という(表現は様々でも、言いたい事は同じ)法則というものがあるので、「全てを得る」という事は不可能なのです。

 

「何かを得たら、何かを失う」

「何かを失えば、何かを得る」というプラス・マイナスの法則を知らないと、

 

人は何を与えられても、満たされたり満足するという事ができない 「無いものねだり」か「業突く張りの欲深」の妄想人間になってしまい、「いつも不平不満」という思いに陥って行く様になるのです。

"(-""-)"

 

 

「プラス・マイナス」「陰と陽」「生と負」の法則で「食べる」というものを考えた場合、

 

「(欲望のみで食べる)美味しいものは、体に毒になるものが多く、

(グルメ志向の強い方達に取って)淡泊で物足りないと感じたりするものは、体に良いものが多い」

 

というのがあります。(神様のいぢわるッ!と言いたくなりますが…?笑)

 

 

ですので、「美味しくて体に毒(皮下脂肪や病気)になるものを、毎日好きなだけ大量に食べながら、簡単に痩せる方法はありませんか?」という願望を叶えてくれる夢の様なお答えは…。

 

残念ながら「ありません!」が、シビアなお答えなのです!(笑)

 

内臓が若くて代謝が良い時にはできたとしても、後々年齢を重ねた時に、その食べ過ぎや飲み過ぎから蓄積された内臓の弱りや疲弊から「中年太り」になってしまったり、「病気」というものになって表れて来るのも同じ法則ですね?(※そういうバランスの現れ方や時期は、人それぞれです)

_(_^_)_

 

 

では、人からのアドバイスを「自分のものにできる」様になる為には、何が必要か?という事ですが、

それは、質問された方が「どれだけ本気」なのかどうか?という事の一語に尽きると思います。

(・。・;

 

 

「本気」で答えや方法を求める方には、それが人からのアドバイスであろうと自分の中からの答えであろうと、その本気度に見合ったお答えを、必ずご自分で見出して行かれます。(※自分が与えたものしか受け取れないという、この世の法則)

 

そして本気の方は口だけではなく、ちゃんと実践実行されますから(※これができない人を本気とは言いません)、最終的に「自分のものにする」という事ができるのです。

 

ですので安易にインスタントに「誰か、(自分の欲しいものが全部叶う美味しい) 答え頂戴~~~♫」と求めて得るものにも、やはり同じ法則が働く訳ですから、

 

例え、建設的で的確な答えをその方が得られたとしても、

 

「自分の望む答えじゃない!」とスルーされたり、

どの様な答えに対しても不平不満が生じたり、

又「本気」の分しか実行できないものなので、できないか、されても精々三日坊主になってしまいますので、

 

 

 

インスタントに求めた方には、結局「自分の身に付かない」というインスタントな結果を得てしまうのです。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

寒い冬の昼下がり。

正に「冬の午後」というイメージがする?

(^^;

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年