庶民の不況感 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

須藤 利究
有限会社RIKYU・コンサルティング 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

庶民の不況感

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
金融時事話 新情報
街角景気

食料品やガソリンの値上げ、「バターはどこに消えたの」なんて、

主婦層の方はスーパーに買い物に行くたびに感じていることでは

ないでしょうか?


企業倒産は間違いなく増加の一途です。上場企業ですら、

今年になって13社位倒産しています。

中小企業は推して知るべしです。

「貸し渋り」なんて言葉も聞かれるようになり、

ある税理士さんが昔は節税の依頼ばかりだったけど、

最近は「先生、今期の決算は黒字にして下さい。」
「そうしないと銀行からお金を借りられなくなるんで」

今までとは、全く逆のリクエストが増え、戸惑うそうです。

2002年当時の貸し渋りはまだ逃げ場所がありました。

ノンバンクや消費者金融、リースと言う手もありました。

今は、改正貸金業法の影響で銀行がノンバンクへの融資を

抑えています。利息制限法への金利引き下げ、年収の1/3

まで融資制限などが改正の骨子で融資を出にくくしています。

もちろん、景気の減速、土地価格の下落、アメリカ経済の影響

なども銀行の融資を慎重にさせる要素ではありますが、

今回はガソリンや食料品の新興国の需要増加が値上がりの要因

なので、

今は、インフレで一休み感もありますが、余り値下がりが

中長期的には期待できないと思います。