罪悪感は「人を裁く自分の心」から生まれて来る - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

罪悪感は「人を裁く自分の心」から生まれて来る

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回のテーマ「罪悪感」ですが・・・。

 

最初に申し上げておきますが、私は、この「罪悪感」を味わった事の無い人間なんて、この世にいないと思います。(^^;

そのくらい「罪悪感」というのは、人の心にポピュラー(!?)に巣食っている感情だと、皆様もお感じになりませんか?(^^;;

 

 

では、それは何から生まれているかと言いますと・・・。

それは「自分が心の中で、誰かを裁いている」事が原因です。《゚Д゚》!!

 

 

それが例え自分はどこも悪くなく、「絶対許せない!」と人を裁きたくなる正当な理由が、もしあなた様にあったとしても、宇宙には「感情」は無いので、

 

只シンプルに「自分が人に与えたものが、自分が受け取るもの」=「人を裁いたら、自分も裁かれる」というシステムに自動的に従うだけなのです。

《゚Д゚》!!

 

宇宙は、本当に超クールに「自分と他人」を区別する事なく、自分にも他人にも「与えたものを受け取る」というシステムを、全ての人間に平等に与えているのです。

(; ̄O ̄)

 

 

「え!? そんな不理尽な! 私は何も悪い事はしていないのに、相手から嫌な思いをさせられたのに、どうして相手の事を裁いてはならないのか!?」とお思いの方達も、きっといらっしゃる事でしょう。

ええ、私だって、そう思います。(笑)

 

 

これは、「全ての物事は、(前世からの) 連鎖で繋がって起きている」という大きな視野を持たないと、このカラクリの法則が観えませんので、

 

現在起きた事からだけの視野で判断してしまう私達は、誰しもが「自分は悪くない!」と、そう思えてしまうのですが、

 

「起きて来る事には、自分に取ってクリアできていない (或いは、自分がチャレンジすると決めた) 自分の宿題が隠されている」という事に気付けたら、人を裁かずに済むので、何よりご自分が楽になれるし、

 

それは、この世のカラクリの謎解きに近づいた事でもあり、自分の人生の宿題を自分の中で完全に理解できれば、きっと人は「人を許せる」様になるのでしょう。《゚Д゚》☆彡

 

 

でもこれは、口で言うほど簡単じゃないのですよねぇ、人間は! (^^;;

はいはい、それは私も同じです。(笑)

 

 

でも、「自分が人にした事は、自分に返る」という法則は、勿論あなたに嫌な思いをさせた人にも働く訳ですので、何もあなたが仕返しをしなくても、自動的に本人に返されるのですよ。

 

だから、やっぱり人を裁かない方が、ご自分の為には賢い選択になるのではありませんか?

又そこで相手を裁いても、結局自分も裁かれる事になるのですから・・・。(^^ゞ

 

 

ご自分の心が常日頃、誰かを裁く「裁判官」の様になっている方には、

自分が人に与えた「裁く」という事が巡り巡って、最後は自分にも受ける様に、宇宙の法則であるシステムが自動的に働く訳です。

 

 

その「自分で自分を裁く」というものを受け取ると、自分の中で持つものが「罪悪感」という形を取るので、結局自分が苦しい思いをする訳なのですね。

 

それを考えましたら、やはり私達は人を「裁く」よりも、「許す」事のできる人になった方が、幸せな人生を送れるのでしょうね!

 

 

・・・というお話しでございました♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

これは、朝でしょうか?

それとも夕暮れでしょうか?(笑)

(心理テスト!?)

 

(^^;???

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年