中小企業のBCP策定~大災害後の事業復旧キャッシュフロー~/大阪 - キャッシュフロー - 専門家プロファイル

本森 幸次
株式会社シンカナビ 
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
宮田 幸治
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中小企業のBCP策定~大災害後の事業復旧キャッシュフロー~/大阪

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. キャッシュフロー
経営者および経営幹部向け 経営・財務・会計


こんにちは。キャッシュフローアドバイザーの本森です。

2014年12月17日に『フォーラム:中小企業のBCP策定~大災害後の事業復旧キャッシュフロー~』で講演してきました。

お忙しいところご参加いただいた経営者および経営幹部の皆様、誠にありがとうございました。

一般的にBCPのイメージとして、災害時の避難訓練計画や従業員の安否確認施策などを思い浮かべる経営者の方が多いですね。

BCPには車の両輪のように2つの目的があります。1つ目は従業員や顧客などの安全確保、そしてもう1つが早期の事業復旧です。

今回はこの事業復旧にスポットを当ててお話させていただきました。

阪神大震災や東日本大震災からも分かりますが、事業の本格復旧までには相当な時間がかかります。

本格復旧まででなくても、ある程度の収入が見込めるまでの復旧についても数ヶ月から1年は覚悟しておかなければなりません。

そこで必須なのがキャッシュフロー視点です。設備回復資金をどうするか?日々の運転資金をどうするか?どこまで自己準備が必要なのか?融資をどこからどのくらい見込めるか?などの視点が大切です。

損害保険は実際の損害額を補償してくれますが、それ以上のキャッシュを見込むことはできません。

平時から復旧時キャッシュフローを試算し、諸々の準備や対策を推進することこそBCPのもう1つの目的に合致するのではないでしょうか。

私の方では製造業と卸・小売・商社のビジネスモデルで使える財務診断サービスを提供していますのでお気軽にご相談ください。

という内容を実際のシミュレーションを交えてお伝えさせていただきました。

多くの方にキャッシュフロー経営の思考法に興味を持っていただくことができた講演でした。


>>>その他の営業や経営に役立つコラムはこちらをご覧下さい。http://bckansai.com/original10.html


このコラムに類似したコラム

賢い会社経営のための役員社会保険料削減・適正化について/大阪 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/05 11:17)

中小企業のための役員社会保険料削減・適正化について/大阪 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2014/11/17 23:12)

ニッポンの社長インタビュー記事掲載について 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/29 00:00)

KINZAIファイナンシャル・プランで書評が掲載 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2015/02/03 10:02)