LINEのやり取りで家裁が不倫認定か - 浮気問題・不倫トラブル - 専門家プロファイル

田中 圭吾
オフィスライト行政書士田中法務事務所 代表行政書士
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

LINEのやり取りで家裁が不倫認定か

- good

不倫・浮気・慰謝料 慰謝料請求された側

オフィスライト行政書士田中法務事務所の田中圭吾です。

相談されたのは、40歳代前半の男性です。

相談者は、知り合った30歳代前半の女性と半年ほどLINEのやり取りをしていました。

そのやりとりを女性の夫が見たようです。

相談者は、夫から電話を受けて下記のように言われたとのことです。

「LINEのやり取りを家庭裁判所に持って行ったところ、

これは不倫関係だと断定された。

裁判を起こして欲しくなかったら慰謝料を支払え。」


このように夫は言っているとのことでした。

相談者に、そもそも不貞行為があったのかどうか尋ねたところ、

「実際には知り合ってから1度も会ったことがない」とのことでした。

「LINEでは、あたかも肉体関係があるかのようなやり取りをしてしまった」ようなのです。

実際に肉体関係がなければ慰謝料の支払い義務はありません。

ただ、LINEの内容が不貞の証拠にはなり得ます。

しかし、家裁がそのような見解を伝えることはないでしょう。

よって、家裁が不倫だと言っているとの話は、夫の虚偽である可能性が高いです。


「不倫慰謝料相談リーガルクリニック」
http://www.ncn-t.net/right/
「不倫慰謝料ネット」不倫の慰謝料を自動計算!
http://right.boo.jp/
携帯用「不倫・浮気・慰謝料相談リーガルクリニック」
http://furin-sodan.net/
 
(運営)
オフィスライト行政書士田中法務事務所
東京都港区南麻布1-5-3-401

※ご相談内容がそのままブログに公開されることはありません。
また、相談者が特定できるような内容は掲載いたしません。
安心してご相談ください。

このコラムに類似したコラム

同僚から社内で不貞行為があったとでっちあげられた 田中 圭吾 - 行政書士(2013/11/30 18:17)

息子が夫の不倫を目撃 田中 圭吾 - 行政書士(2015/10/29 16:03)

ダブル不倫の示談書作成依頼 田中 圭吾 - 行政書士(2015/07/30 18:54)

夫婦関係を2週間に一度と決めていた夫が浮気 田中 圭吾 - 行政書士(2015/06/21 18:39)