(写真)開咬でしょうか?矯正を考えているのですが、大袈裟なのでしょうか? - 矯正方法・費用 - 専門家プロファイル

医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
東京都
歯科医師
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(写真)開咬でしょうか?矯正を考えているのですが、大袈裟なのでしょうか?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 矯正・審美歯科
  3. 矯正方法・費用
歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 開咬(かいこう)、オープンバイト
【質問】
開咬でしょうか?
ちなみに奥歯は噛めている状態です。
前歯はこれが限界です。
矯正を考えているのですが、大袈裟なのでしょうか?

見た目より、下顎の違和感を無くしたいのです。
おしゃぶり癖があったことと、舌癖、うつ伏せ癖があったせいだと思っています。
これ以上の悪化は避けたいです。


【回答】
添付された1枚の写真だけで判断するのは難しいですが、開咬(オープンバイト)の様に見えます。
いわゆる開咬の症例では、抜歯する可能性は高いと思います。
特に骨格的な原因で開咬になっている場合は、骨格的な上下顎のズレを修復するために、抜歯の可能性は高くなり、抜歯症例では、歯を動かす期間は2年程になります。
ただし比較的骨格的な問題のない症例については、抜歯の代わりに歯のサイズを小さくしてスペースを作る等の方法により、歯を抜かずに治療出来る症例もあります。
歯を抜かない場合は歯を動かす期間は1~1.5年程になります。
顎関節の状態を改善することも含め、上下の理想的な咬み合わせを作る場合には、上下全体の矯正が必要になります。
上下全体の矯正の場合、費用は基本料90~95万円、装置料(金属で0円、セラミックスで15万円および舌側で40万円)の合計となり、チエック料もいれて総額100~145万円程度になります。

ただし、あなたの歯のサイズはかなり大きいので、あなたの希望が、前歯がうまく並べば満足出来るなら、また上顎と下顎のズレが残ってもよければ、前歯だけの部分矯正で治すことは可能と思われます。
いずれにしても、気になる治したい部分の矯正を優先的に考えるべきでしょう。
部分矯正で前歯だけ矯正する場合は、大きな前歯を選択して小さくする(0.4~0.8mm程)必要があります。もちろん、痛くない範囲で削ります。
前歯だけの部分矯正で治せれば、歯を動かす期間は1年以内、もちろん外から見えない裏側(舌側)矯正で矯正可能です。
部分矯正を選択する場合は、費用は上下顎の基本料50万円、装置料0~30万円の合計となり、チエック料もいれて総額55~85万円程度になります。

いずれにしても、しっかりとした検査・診断をした上で、ご本人の希望にそった治療方針を決定すべきだと思います。
まず、診査・診断を慎重に行い、矯正専門医より説明を受けて下さい。
そして、あなた自身が治療の限界、費用、期間を客観的に把握した上で、自分の希望にそった方法を選択することになります。

歯列矯正は医療費控除の対象になります。


------------------------------------------------------------------
青山審美会歯科矯正クリニック(JR渋谷駅、表参道)
〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-9-9-B1 TEL03-3409-3849
院長の専門分野 舌側矯正(ぜっそく矯正)、リンガル矯正、裏側矯正
http://www.aoyama.or.jp/

<スマートフォン・モバイル用>
http://www.aoyama.or.jp/sp/top.html


舌側矯正(裏側矯正)
http://www.aoyama.or.jp/lingul.htm

部分矯正
http://www.aoyama.or.jp/bracket_place.html

前歯が閉じないオープンバイト (開咬・かいこう)
http://www.aoyama.or.jp/orthod_open.htm

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

東京都渋谷区にある、矯正歯科・審美歯科・歯列矯正の専門医です。 特に舌側矯正(裏側矯正)に関しては、開業医としては日本で初めて全面的に臨床に取り入れ症例数4400件以上(1980年1月~2011年1月)を超えています。確かな技術と安心の提供に努めています。

03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用)」のコラム