MBA留学で成功する人が知っている4つのコツ~メンターとは? - 社会人留学・MBA取得 - 専門家プロファイル

MBA Lounge 
MBA留学コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
奥村 美里
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

MBA留学で成功する人が知っている4つのコツ~メンターとは?

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 社会人留学・MBA取得

MBAで成功する人は、成功するコツを知っています。
点矢印画像「努力すれば成功する。」
点矢印画像「がむしゃらに取り組めば成功する。」
点矢印画像「夢をあきらめなければ成功する。」
点矢印画像「失敗は成功のもと。」


確かにそのような部分もあるでしょう。しかしながら、成功するためには努力や夢をあきらめないだけでは足りません。コツを知って、効率的に無駄なく取り組む必要があるのです。


MBA留学生活において、効率的に無駄なく取り組むためのコツのひとつとして、「自分一人の力ではMBAを取得できない。」と言う事をしっかりと認識することです。誰に頼ることもなく全てを自分一人でやってMBAを取得しようとすると、大抵は失敗します。人生のお手本となるような人を見つけることがMBAで成功するコツです。つまり「メンター」を見つけるということです。


◆人生のメンターを見つけているか?

メンターとは恩師、先生と言う意味ですあの人のようになりたい、あの人のような生活がしたい、あの人はどのようなことを考えて行動しているのかを知りたい、などメンターは憧れの存在であると同時に、目標設定となる人物でもあると言えます。成功するには、そのような人物を見つけることがコツです。


●なぜメンターを見つけることが重要なのか?
メンターを見つけることで、あなたのMBAの目標を設定することができます。目標がなければモチベーションを保つのが非常に難しいですし、弱い人間、誰しもモチベーションをMBA留学期間中の一年から二年間保つのは難しいものですよね。


またメンターを見つけることで成功する自分をイメージしやすくなります。
「自分がMBAを取得したらこの人のようになれるんだな。」
「自分がMBAを取得したら、この人のような生活をすることができるんだな。」


MBAを取得すると、自分自身が尊敬する人に大きく近づくことができるんだ、という夢が大きく膨らんできます。そんなことを毎日のように考えていると、その人が将来の自分に見えてくるようにまでなります。


メンターは、あなたのMBA留学において目的地を示す地図のような役割を果たすと言えるでしょう。


◆メンターの思考回路をコピーする。

点矢印画像〇〇さんなら、ケーススタディーでこう答えるだろう。
点矢印画像〇〇さんなら、この論文の課題にこう書くだろう
点矢印画像〇〇さんなら、このハードなMBAの課題にこうするだろう。


自分がメンターになりきったつもりでMBAに臨んでみましょう。
成功するコツの中では、このメンターの思考回路をコピーすることは一番大切なのです。MBAに限らず、人生では自分自身で判断できないことが今後も数多く出てくるはずです。


そんなときは、メンターならどうするのか考えて、その人がとるであろう行動を真似ることができるのです。このような思考回路を考える習性を持つと、それがいつか自分自身の思考回路となり、より自分自身を成長させることができるようになります。


●メンターを一人に絞る必要は無い。

あなたの憧れる人、尊敬する人は、決してひとりである必要はありません。二人でも三人でも構いません。または、実際には存在しない複数人のハイブリット人間でも良いです。


私のメンターは、実際に存在しないハイブリット人間です。元上司のTさんと取引先の社長Mさんの合体人間です。


これはどういうことでしょう?
人はそれぞれ長所と短所がありますよね?もちろん、私の尊敬する元上司のTさんにも取引先の社長Mさんにも長所と短所があります。TさんとMさんの長所は尊敬し、自分のそのような人間になりたいと感じます。一方で、尊敬する人とは言えその人の短所までは尊敬する人ことはできません。できれば直してほしい、と思っているところもあります。


そんなとき、TさんとMさんの長所を兼ね備えた、そしてTさんとMさんの短所を排除した実在しないハイブリット人間を自分のメンターとして目標にする、ということです。
Tさんには、Mさんにはない長所があり、またMさんにもTさんにはない長所があります。その逆もしかりです。


二人の良いところだけを持った人間を目標としているのです。


◆メンターがずっと同じ人である必要は無い。

時代とともにあなたの考え方は変わり、目標とする存在も変わってくるはずです。私が高校生の頃は、あるロックバンド歌手がメンターでした。当時の私はその人の影響を強く受け、将来はその人のようになりたい、考えていました。そして私の現在のメンターは、前述のTさんとMさんのハイブリット人間であり、その他ビジネスで知り合った方々です。


考え方が変わったら、メンターも変えていきましょう。


◆まとめ

点矢印画像メンターを見つけることで、あなたのMBAの目標を設定することができる。
点矢印画像メンターの思考回路をコピーする:「〇〇さんだったらどうするだろうか。」を常に意識してメンターの思考回路をコピーするように心がける。
点矢印画像メンターを一人に絞る必要は無い:メンターは尊敬する複数の人たちの長所を集めた実在しない人物であってもよい。
点矢印画像メンターがずっと同じ人である必要は無い:自分が成長すれば考え方も変わり、目標とする人も変わってくるはず。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(MBA留学コンサルタント)
MBA Lounge 

MBA取得を目指す社会人、学生の夢を叶える専門家

MBA取得を夢見る方々のご相談に乗っていると、かつての自分を見るようで胸いっぱいになります。私自身MBAを夢見て、モヤモヤの20代を過ごしましたから。そんな方々に、MBA留学から学んだ事をシェアし、第二のキャリアで活躍頂くことに最高の喜びを感じます。

このコラムに類似したコラム

MBA留学で習得できる3つの力とは 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2014/09/15 08:00)

三菱自再建へ、カルロス・ゴーンが経営で大切にしている3つのこと。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2016/12/05 00:00)

ドロップアウトしないために合格直後からやるべき5つのこと。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2016/04/19 19:43)

アメリカMBAのススメ:ビジネスの国で2年間じっくり学びたい人へ 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/04/25 07:00)

こっそり教える「交渉相手がよく口にするウソ4選」 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/03/10 07:00)