50歳からは人生を楽しむ家づくり  18 - 住宅イメージ - 専門家プロファイル

ストゥーディオ ステラ 一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-3422-1129
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

50歳からは人生を楽しむ家づくり  18

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅イメージ
 ■セカンドハウスの薦め


 

 イタリアのセカンドハウスは自然の風景に配慮して、目立たない様に建てられている事が多い


 今まではこれまで通りの日常に住む家を作るお話をして来ましたが、

 あれこれ現実の問題を考えると自分の理想の家を作るのは難しい・・・

 という方が多いと思います。

 そんな時は、ほんの少し考え方を変えて「理想の家はセカンドハウスで

 実現する」と言う方法は如何でしょうか?

  

 この方法だと今家にある山のような荷物を整理したり、仕事先に近い土地を

 探したり・・・という家作りの前の困難な諸々の問題をスキップできます。 

 今度は本当にセカンドハウスですので、機能的に何もかも揃っていなくても、

 部屋数が多くても少なくても、自分の欲しいスペースをバッチリ取って他の

 スペースが狭くても構いません。そこにいる時だけならば、ちょっとやそっとの

 我慢は何でも無いはずです。

 セカンドハウスだからこそ、本宅よりずっとシンプルに明快に人生を楽しむ家を

 作れるはずです。

 

 何もかも便利に・・・というのも良いですし、イタリア人の様にそこでは自然に帰って、

 昔の人みたいに不便を楽しんで家の中や外でせっせと働くのもセカンドハウス

 ならではです。 

 例えば日常にやっている家事は掃除以外は絶対にしないと決めて、

 料理は海辺の魚屋さんに作ってもらったものをお皿に移すだけで・・・、

 お風呂は近くの素晴らしい温泉で・・・といった具合であれば、

 セカンドハウスのお風呂とキッチンは最小限で済みますし、メンテも簡単です。

 そうやって必要なものだけを残して、普段の家にある不要な部分をどんどん

 クリアーにしていけば、今度は本宅とは全く異なる「50歳からの素敵な隠れ家」

 が出来るはずです。

 

 

 大好きな本とアートに囲まれて


 設計やインテリアには、建築家に思い切りわがままな要望をどんどん出して下さい。

 何故か建築家という人種は条件が難しければ難しいほど一層張り切るのものなのですよ。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
ストゥーディオ ステラ 一級建築士事務所 

イタリアの素材や生活様式も取り入れ「和」の良さを楽しく再構築

健康に良い自然素材や伝統的なディテール、整然とした端正な美など「和」の長所をイタリアでの長年の設計経験から再認識。外国の家の様に片付け易い収納を持ち、人もペットも住み易い生活を楽しむ家を設計。イタリアの素材、家具輸入もコーディネート。

03-3422-1129
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

階段室 松永 隆文 - 建築家(2016/08/17 13:12)

南林間の住宅のラフプランを検討中!! 栗原 守 - 建築家(2016/08/01 11:28)

インターホンやリモコンの集中レイアウト 栗原 守 - 建築家(2016/06/08 09:24)

スチールフラットバーの手摺 松永 隆文 - 建築家(2016/04/15 10:09)

全貌が露に!!! 松永 隆文 - 建築家(2015/10/03 15:59)