資産運用は、賭け事なのか。 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資産運用は、賭け事なのか。

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える
やっぱり、自分の中では、資産運用は、賭け事のような意識がある。。。

このように考える人はいまだ多いですが、実は、国民の資産の一部は、すでに運用されています。

資産の一部とは、公的年金です。
年金積立金管理運用独立行政法人という機関が運用しています。

HPを見ると、株式や債券への分散投資の考え方も掲載されています。

そもそも株式や債券への投資は、世界経済を支える重要な柱です。
つまり、決して賭け事ではない資産運用もあるということです。
資産運用なくして、経済は、成り立ちません。

個人的には、資産運用は、小中学校から教科として取り上げてもよいのでは、と思っています。

では、なぜ、日本では、賭け事のような意識があるのでしょうか。

おそらく、歴史的な経緯も影響しているのでしょう。

FPが提案する資産運用は、長期投資、分散投資で、資産を守りながら、少なくとも年5%程度の運用を目指しましょうというものですが、これが、ひと昔前なら、リスクを取るのはムダな話です。

あえてリスクを取らなくても、余ったお金を郵便局に預けておけば、元本保証で、年5%程度の運用ができた時代もあったのですから。

裏を返すと、昔は、リスクをとった資産運用は、すべて賭け事だったわけです。

時代は、どんどん変化しています。何も対策しなければ、いずれ、くらしを守るための資金は、枯渇してしまうかもしれません。

ひとりでも多くの方が、資産運用の大切さに気付かれることを願っています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)