家計簿つけることの意義 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家計簿つけることの意義

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
日々家計簿をつけることで、
1.過剰と思われる支出項目を見つけたり、
2.家計支出の増減など変化を発見することができますので、
家計簿はつけていくだけでもそれだけで十分に効果は期待できます。

尚、より効果的に家計簿データを活用するためには、家計簿データから『基本生活費』を集計し直して、『キャッシュフロー表』に反映させるとよろしいと考えます。

『キャッシュフロー表』に反映させることで、昨年は『資金残高』が58歳のときからマイナスになってしまたものが、今年は家計支出を抑えられたので65歳まで改善したなど、家計簿をつけ家計管理をしていくうえで、更なる励みになると考えます。

家計簿もここまでしてもらえれば、本望ではないでしょうか。

少々手間がかかりますが、『キャッシュフロー表』を作成してみることをおすすめいたします。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。