エンディングノートは死ぬための準備ではない - 老後・セカンドライフ全般 - 専門家プロファイル

石崎 公子
travessia 代表
東京都
ヒキダシスト/Comunication Specialist

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

エンディングノートは死ぬための準備ではない

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後・セカンドライフ全般


数年前から注目されているエンディングノート。

いい終わりを迎えるため、いい死を迎えるためのノートと思われているのが一般的ですが、私の思いは少し違います。あくまでも、エンディングノートは、死ぬ準備ではなく生きるためのノートであると、私は考えています。
人生を閉じるのは、その最終結果であると考えています。だから、エンディングノートというとすぐに財産や相続、葬儀をどうするか、という話に向かうことには、少々違和感を持っています。
財産も、相続も、葬儀も、すべては今までの人生の結果だと思うのです。

人生は生まれてから死ぬまでの長い長い旅のようなもの。
その時間の中で、人やモノとのいろいろな出会いがあります。
その出会いを通じて、考え方や思い、生き方が変わっていくのだと思います。
せっかくの人生、そうやって変わっていかなければもったいない。
だから、エンディングノートはきっと一生完成しないのです。
時の経過とともに少しづつ書き加え、人生の深みを増していく・・・。

朝日新聞で毎週日曜日に掲載されるコーナー「Reライフ」は、50~60代の読者の関心の高いテーマを取り上げています。
7月6日(日)のテーマはエンディングノートでした。
取材を受け、エンディングノートは生きるためのノート、人の考えは変わるので生きている限り完成しない、というお話をして紹介されました。
 


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

失敗しないエンディングノートの書き方 ~について書きました。 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2014/05/28 09:39)

前回、紹介させて頂きました記事の全文です。 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/12/25 10:21)

人生における物事に関する心の持ち方! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/07/09 10:49)

2015年高知、「終活セミナー」「高齢者とお金の話」どんどんやります!! 石川 智 - ファイナンシャル・プランナー(2015/03/18 16:56)

明日に備えるエンディングノートセミナー講師を終えて|茨城県石岡市 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/16 08:00)