ダイエットに役に立つお話し - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイエットに役に立つお話し

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

先日こちらのコラム「心と身体の関係」で、頭(思考)と心のギャップに付いて少し触れましたが、今日はその事に付いてもう少し掘り下げてお話ししてみようと思います。

 

Q&A「ダイエットについてのお答え」でもお伝えした様に、太る・痩せるというのは心の問題が大きく絡んでいます。

 

食欲は生きる為の本能でもありますが、人間の場合はその他に嗜好というものがあり、それは体質から来るものと、日々の生活習慣&精神的なものから生まれますので、

もし痩せたいとお思いならば、毎日の食生活や習慣を見直す事が必要になって来るのですが、それと共に、ご自分の心と向き合うという事を併用されると効果的なのです。

 

"心" と一言で言うのは簡単なのですが、実はこれが以外に厄介なものなのです。

人間には思考する頭というものがある故に、大体皆さんは "頭で考える事=心" と勘違いしていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

実はこれを自分で解明できればストレスから開放されて、ストレスが無くなれば内臓が正常に働くので、ストレス発散的な異常な食欲・異常な嗜好というものからも開放されるのですね。

 

では「どうすれば解明できるのか?」ですが、有効的なやり方としてご自分を "内観" されると良いと思います。

その「内観とは何ぞや???」ですが、それはご自分の感情(ネガティブ・ポジティブ)を否定されずに、又感情に呑まれる事なく、「あ、私は今こう言う感情を味わっている・・・」と他人を見る様にクールに受け止め、流れるままに観るのです。

 

人間はポジティブな感情は心地良く感じるので、そんなに否定される方はいらっしゃらないと思いますが(笑)、ネガティブな感情に触れるとその厭な感覚から、否定したり打ち消したいと思ってしまう様にできています。

 

はい!そこで登場するのが例の "頭=思考" という曲者です。(笑)

その厭な感覚から逃れたいとして、姑息(!)な頭は様々な思考を持ち込みます。(笑)

頭はストレスの原因は観ないで「無かった事にする」「感じない様にする」為なら手段を選びません。(笑)

 

その避けたいストレスを「誤魔化す為」やら「見て見ないふり」やら「無かった事にする」為なら、何かや誰かに責任転嫁もしますし、又その目を背ける事から発生する苦しみや痛みを紛らわそうとして、食に走ったり、買い物依存症になったり、タバコ・ギャンブルにハマったり、お酒で紛らわしたり・・・。

その対象が異性に向かう方もいらっしゃいますね?。

あと結構多いものに「妄想に逃げ込む」があります。(笑)

(勿論どれも依存ではなくほどほどならば、何の問題もありません♫)

 

 

今お話ししたものは、自分の思考ではなく「心と向き合う=内観する」事で解決して行きます。

つまりストレスの原因=根本を知る事で、正しい解決に向かえば、精神も安定して自然にダイエットにもなってしまうというお話しでした。♫

 

ご自分の(特に逃げたいと感じる) "感情" は、実はご自分の "心を知る為のツール" なのですね。

 

ネガティブな感情というものは、私達にはとても嫌なものなのですが、それから逃げずにご自分の正直な心(人からどう見られているかではなく、ご自分は本当はどうしたいか)を観てあげれば、きっとストレスは軽減されて身も心もスッキリ快適になりますので、生命力が回復して参ります。

 

そうして精神的に健康になれば、「太っている・痩せている」事のみに異常に拘わる事も無くなり、その方に見合う、その方だけの美しさ=健康美を得られて行かれる事でしょう!☆彡

 

 

 

  

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年