アンチエイジングは×エイジングケアは○? - 企業の契約書・文章作成 - 専門家プロファイル

小山 尚文
行政書士小山尚文事務所 
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

尾上 雅典
(行政書士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アンチエイジングは×エイジングケアは○?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業の契約書・文章作成
化粧品 薬事法 化粧品 薬事法 広告
化粧品会社さんの顧問をやっていると広告物の薬事上のチェックのご依頼も多いのですが、その中でよくあるのが、『アンチエイジング』という言葉です。

『アンチエイジング』という言葉を化粧品広告で使いたいという場合に、
エイジングケアという言葉に置き換えれば良いですという事を良く言うのですが、

これはどういう事かといいますと、
アンチエイジングは日本語訳すると『老化を防止する』や『若返り』の意味になってしまい、
薬事法で認められている化粧品の効能を超えた表現になってしまうので、駄目なのですが、

エイジングケアという言葉は『年齢に応じたお手入れ』という意味に捉えられるからなのです。

ですので、ケアをつければ良いのではないかと思っている会社さんの広告物などに、『アンチエイジングケア』と書いてあったりする事がたまにあるのですが、日本語訳しますと『老化防止のお手入れ』となってしまいこれはもちろん×です。

ですので、『エイジングケア』に変えたとしても文脈や広告物を全体的に見たときに明らかに『年齢に応じたお手入れ』ではなく『老化防止』『若返り』の意味にしかとれないという事だと、薬事法違反になる場合もありますので、注意して広告文を作成しましょう!


ご質問・ご相談は↓まで
初回相談無料!!

行政書士小山尚文事務所