化粧品の添加物と容器の関係 - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

化粧品の添加物と容器の関係

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア
スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もお付き合いください。


さて、化粧品の添加物といえば、防腐剤・界面活性剤・香料などがあります。


防腐剤は、化粧品に含まれる程度の濃度でしたら、アレルギーを起こす人以外にはほとんど無害ですが、界面活性剤は、作用の強いものや多量に含まれているものは、乾燥や肌荒れを招くことがあるため、気をつけなければなりません。

特に、オイルクレンジング・リキッドファンデーションなどは、肌の弱い人には不向きと言えます。


他にも、高分子ポリマーという粘度を出すための成分も、肌荒れを起こすことがあります。

ゲルなどのふっくらとした形状のものは、増粘剤が多く含まれている可能性があり、慢性的に使い続けると負担になることも…

また、整髪料ワックスなどの固いゲル状のものや、最近人気のグロスにも多めに配合される傾向にあります。


添加物は、容器の形状でもある程度の見分けがつきます。

チューブ式やポンプ式のボトルは、空気に触れにくく雑菌が入りにくいので、防腐剤なども少なくてすみます

中に指を入れるタイプの容器(クリーム・ジェルなどに多い)は、当然雑菌が入りやすいため、防腐剤をはじめとする添加物も必然的に多めになります

一般的に雑菌が入りにくい順を表すと、チューブ<ポンプ<中に指を入れる容器となります。

もちろん、配合されている成分の種類、酸化のしやすさ、濃度によっても違いがあるため、容器ですべてがわかるわけではありませんが、添加物が気になるという人は、参考までに覚えておくと良いでしょう。


美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非今後もこのコラムをご覧ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

このコラムに類似したコラム

化粧品の防腐剤成分「メチルパラベン」は、シミ・シワを増やす!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2015/02/09 09:52)

「コラムlatte」に最新執筆記事【化粧品の都市伝説を徹底解説】が掲載されました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/08/08 12:00)

目に見えない高級美容液!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/30 14:55)

東京の変身女装サロン型女装化粧品店ハイクオリティ新宿 美人女装写真 保志エリカ - 女装専門美容家(2016/07/24 13:17)