接遇診断コラム/顧客満足はどんなポイント? - コールセンター対応研修 - 専門家プロファイル

松岡 利恵子
アールオンワード 代表
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

接遇診断コラム/顧客満足はどんなポイント?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コールセンター対応研修

アールオンワード松岡利恵子です。
一流ホテルで培った接遇・コミュニケーションスキルと長年の司会スキルを活かしたプレゼンテーション術・話し方をお伝えしています。


今回の接遇診断コラムは「顧客満足」がテーマです。
お客様のお問い合わせに対応するのは、先方の質問に答えるという受け身が多いものです。
同じような結論であったとしても、プロセスの違いで満足度は変わります。
先日私が体験した満足度の高い応対から、顧客満足について考えてみましょう。

先日、私は掃除機を買いました。
前の掃除機は「吸引力の変わらない」ことがウリの掃除機で気に入って使っていたものの、重くてなかなか掃除をしづらい…だから掃除機をかけることが週1になり、月1になり…。
そんな時にCMで観た「自然に手が出る」とのキャッチフレーズに惹かれ、毎日手軽にお掃除できそう!と購入しました。


スティックタイプの掃除機を使って1か月を過ぎたころ、中央についているネジがとれやすくなり掃除の途中で何度もとれてしまう事態が発生。
「買って1か月で…これは不良品!?」と焦り、すぐに掃除機に記載されているお客様窓口へ電話をしました。
この窓口担当の方の応対は、この掃除機を本当に買ってよかったと企業のファンになる満足度の高い応対でした。


【満足ポイント1】
私が今、困っていることを「迅速」に解決してくれたこと
私は掃除機を使っている途中でネジがとれ、掃除を中断し電話をしています。
ということは緊急を要することではないとしても、その人の暮らしを考えると「掃除機がないから掃除が出来なくて予定が狂った!」とイライラの種が生まれてしまいます。
迅速に応対出来ないということは、それだけでイライラの種を育ててしまいます。
気持ちに余裕があれば許せることが、イライラの種のせいでほんの少しのひとことが許せない…
一言一句より気遣いが必要になってしまうという自分たちの対応のハードルを上げてしまう行動なのですね。

いつかけても「ただいまの時間は混み合っています」では、どれだけお客様への応対レベルの高さが求められるかです。

このコールセンターはすぐに電話に出てくださり、解決までのプロセスもとても早く、電話をかけてから10分後には問題解決し掃除を再開していました。

問題解決のスピードは問い合わせ電話には欠かせないポイントです。
お客様の電話の時間は通話から始まるのではなく、お客様が電話をかけた時からスタートしますので、

つながるまでの時間+通話時間=お客様にとっての問題解決の時間

となります。


ここで間違えてはいけないのは、通話時間の短さと問題解決のスピードは同じではないということです。
「お客様の求めるものに応える」応対でないと、どんなに素早くても「いやな感じ」となります。

ではお客様の求めるものに応えているというのはどういうことなのか…
それは次回の満足ポイント2でお伝えします。

 


※他にもビジネスに役立つコラムやQ&Aを発信しています。 一覧はこちら。
http://profile.ne.jp/pf/r-onward-rieko/c/
http://profile.ne.jp/pf/r-onward-rieko/q/
***:::***:::***:::***:::***:::***
ビジネスマナー研修・接遇研修・話し方研修など
お問い合わせはお気軽にどうぞ
http://www.r-onward.com/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

接遇診断コラム/お客様の心を掴む習慣とは 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/08/05 08:47)

接遇診断コラム/リピーターを生む言葉の使い方とは 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/07/08 09:50)

気になる「拒否」、あなたの相手への心遣いは大丈夫? 竹内 和美 - 研修講師(2015/11/05 11:55)

接遇診断コラム/同じ出来事の印象を180度変えるための応対とは 松岡 利恵子 - 研修講師(2014/01/10 14:47)