廊下を"空間”にする - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

廊下を"空間”にする

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
空間の詩学
できるだけ廊下は作りたくないものである。
しかし、できてしまうものは仕方がない。
ただの通路としての廊下に付加価値を持たせ、積極的に利用すればいいのである。
書棚を設けたり、ニッチを付けたり絵を飾ったりしてギャラリー風に演出するのもいいかもしれない。
しかし、そんなスペースさえ取れないこともある。
この家は、廊下の突き当たりの和室の入り口の前にトップライトを設け、妻壁に柔らかな陽光を落としている。
廊下の途中に照明など付けてはいけない。
廊下の突き当たりで妻壁が光っているから、ただの廊下が”空間”になるのである。
廊下を如何に成仏させるか、設計者の手腕が問われるところである。