新社会人に見る賃貸事情3 〜メルマガより〜 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新社会人に見る賃貸事情3 〜メルマガより〜

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
どんな物件を選びますか?…投資用不動産の選び方…
【EMPメルマガバックナンバー 2006/06/10号】


>>>前コラムの続きです



意外だったのは「オートロック」。
絶対条件にあげた人は5.6%(全体)で、女性でも10%に届かない数字でした。


ただ、実際に住んでいる部屋の設備はというと、
「エアコン」(首都圏86%)、
「バス・トイレ別」(同60.5%)、
「室内洗濯機置場」(61.3%)など、
比較的新しい物件かと思われるような充実した設備のところに住んでいます。

これらのアンケート結果から
「都心およびそこから少し離れた周辺地区の築浅物件を8万円前後で借りている」
という新社会人像が浮かびます。


このような層は、
結婚などにより生活形態が変わったり、
またよほど給料が下がったりしない限り、
都心から離れるなど今より生活利便性を落とすことは考えられません。

一方、今のようなトレンドが続き、
今年の新社会人と同じように考える若者が今後もぞくぞく増えてくるとすれば、
都心ニーズは一層強まるでしょう。


地価高騰で都心での住宅供給は
ブレーキがかかっているため将来の供給減は避けられず、
今後はますます「都心」「築浅」がマンション投資の
キーワードになりそうです。



※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP