結婚を控えたカップルから国民年金のご相談 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結婚を控えたカップルから国民年金のご相談

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
年金 国民年金
いつも、楽しく拝見させていただいております。

教えていただきたいのですが。
今年の夏頃遠距離恋愛をしていた彼と入籍を予定しています。
それで、入籍時に仕事を辞めて扶養家族に入りたいと思っていたの
ですが収入が150万円ぐらいになってしまいます。
その場合、国民健康保険や国民年金に加入しなくてはいけなくなると
思うのですが…なにか他に良い方法はないでしょうか?

年間130万円以上が国民健康保険や国民年金に加入しなくてはならない基準になります。

よく聞く、配偶者控除の収入上限は103万円、国民健康保険や国民年金のような社会保険の個人で加入しなくてよい上限は130万円となっています。

ただ、103万円のほうは絶対金額ですが、130万円は基準の金額で個々の事情により、加入しなくてもよいケースがあります。(個々の事情についてはいちがいに言えませんので別途ご連絡ください。)

また、現在、新聞やテレビで報道されているように、この社会保険加入の上限を引き下げて、なるべく多くの人に加入してもらいたいという国の思惑があります。これについては、まだはっきりしていないのでコメントできません。上記の130万円についても近々変更があるとお考えください。

あなたの未来、設計書ついてますか?