古巣イタリアへ [後編] - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

古巣イタリアへ [後編]

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
バックグラウンド スペイン&イタリア
そうした背景にはそれぞれの国の持つコミュニティが存在し、様々な国籍の入り乱れる環境がかえって仕事を得る、ビジネスを拡大させるチャンスの確率を上げることになったのも事実で、経済・社会の仕組みの異なるスペインとは言え、そうしたネットワーク効果によりビジネスが円滑に進み、拡大するという共通の基盤が存在するという発見は非常に興味深いものです。

ちなみにスペインではこの「コネ」は文字通り英語の「コネクション」という訳語がストレートにはあてはまらず

  ENCHUFE (エンチュフェ)

と言います。 実はこの言葉、日本語で

  コンセント

の意味です。 「コンセントにプラグをつないではじめて電気が流れる」、つまり「人と人がつながってはじめてビジネスが動く」というイメージが背景にあるようです。 おもしろいですよね〜 
つまり、スペインでは体によりたくさんの「ENCHUFE」(コンセント)を装備している人が「仕事」や「ビジネス」に有利ということになります。

一方イタリアでは

  RACCOMANDAZIONE (ラッコマンダッツィオーネ)

と言い、英語の「RECOMMENDATION」(推薦)と同義ですが、イタリア語のそれはさらに意味が深く、スペイン同様コネ重視の傾向は強いものの、スペインと比べかなり「保守的」、「閉鎖的」な印象がある点、同じコネ社会でも様相はかなり異なります。「働く」ことに対する感覚も、同じラテン系の隣国同士でありながら対照的です。

今回のイタリアでのビジネスのお手伝いもまたこうした「人のつながり」の延長線上に生まれたものであり、海を越えたグローバルな「人のつながり」の中で自身ビジネスのつなぎ目(コンセント)の役割が果たせたことに大きな充実感を感じるとともに、今回の出会いを通じて今後実りあるビジネスに展開してくことを期待するところです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「バックグラウンド」のコラム

古巣イタリアへ [前編](2006/12/01 21:12)