今年は、惣菜・弁当にシニア層の需要が増えるようです - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今年は、惣菜・弁当にシニア層の需要が増えるようです

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 わたしは仕事の性格上、社会や景気の変化には格別に神経を使っています。世の中は絶えず変化していますから、ビジネスではその変化を見越し、お客さんの人気を集めそうなモノやサービスを提供する必要があるからです。モノが売れるとは、そんな提供の結果と考えています。

 日経MJの1月13日号には、スーパーストアー店頭での今年の成長分野を予想しています。スーパーのバイヤーさんから、食品市場で今年売れそうな商品をアンケートによる結果です。第一位は、81ポイントで「惣菜・弁当」でした。ほぼ断トツの第一位です。

 バイヤーの人たちは、「シニア向けの高品質な商品や健康を意識した商品が、今年は増える」と見ています。これまでは、弁当にしろ、惣菜にしろ、低価格品に人気が集まっていました。弁当などは、いかに安く販売するかばかり、製造会社は目を向いていました。

 今年は、食材にこだわった高価格品にも需要が増えるというわけです。若い主婦の方には、既に弁当や惣菜の需要は広がっています。その点、シニア層には、自前の手作りをする家庭が少なくありません。この層にも、中食と呼ばれる商品を購入する動きが広がるとみています。

 料理は、家庭で手作りする人の多い、最後の牙城でした。ここの領域にも、いよいよスーパーや専門店から購入する人が増えると見込まれます。次第に、ビジネスの仕組みも変わってきそうです。生産農家の需要は変わらないでしょうが、家庭向け販売よりも食品加工会社向けが増えそうです。

 数量の減る家庭向けの野菜や鮮魚は、品質の高い商品の需要が高まりそうです。このような予想は、起業する人がよく考えた上で扱い商品を判断する必要があります。惣菜の味付けに関しては、分類することで人気になるような予感もあります。変化に合わせたアイデアで、お客さんに気に入ってもらうことが大事です。

このコラムに類似したコラム

中高年、シニア、年配者の起業が日米で増加 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/15 20:21)

9月6日(金)「日経ビジネスONLINE」に掲載 片桐 実央 - 起業コンサルタント(2013/09/06 18:48)

【シニア起業コラム】第四回 「最近の起業動向とゆる起業」 片桐 実央 - 起業コンサルタント(2013/07/16 21:00)

【シニア起業コラム】第一回 注目を集めるシニア層の起業 片桐 実央 - 起業コンサルタント(2013/05/14 12:20)

講談社より初著書『「シニア起業」で成功する人・しない人』を発売します 片桐 実央 - 起業コンサルタント(2013/04/11 11:47)