新聞折込チラシによる販売促進2 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新聞折込チラシによる販売促進2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
顧客の心を掴む販売促進手法
今回は、新聞折込チラシによる販売促進に関しての2回目ですので、
新聞折込チラシの具体的な作成事例に関してお話していきます。


前回の復習ですが、実際に成功している新聞折込チラシのポイントは
以下になります。


1.新聞折込チラシを入れる目的・目標が明確である

2.新聞折込チラシを入れる際の事前マーケティングができている

3.他社の新聞折込を研究し、自社のチラシの差別化がなされている

4.常に効果測定を実施し、折込エリア・掲載内容・特典を変化させている

5.「売り」を強めるチラシと、「認知」を促進するチラシに分類する


今回は上記1について考察を加えていきます。


1.新聞折込チラシを入れる目的・目標が明確であるについて


新聞折込チラシを入れる際には、その目的の明確化が必要であり、その
目的によって、折込チラシの内容・頻度が大きく変化してきます。

例えば、認知を図るための新聞折込チラシの場合は、店舗名や企業名、
キャッチフレーズ、キャラクターなどを大きく掲載し、かつ継続的に
新聞折込チラシをいれていく必要性があります。

また、1回の広告で大きく売上・集客を伸ばしたいのであれば、ターゲット
としている顧客が、響くような、割引施策・イベント開催を実施し、それを
大きく謳う必要性があります。

よくあるパターンですが、今回の目玉商品を大きく掲載し、近隣他店の
何処よりも安い価格で広告掲載することで、その商品による集客効果が
高まり、結果として他の商品の売上も上がっていくことがありますよね。
これは、店舗陳列でも同じことが言えます。大体、目玉になる商品を店頭
に置いて、集客効果を高めようとしますよね。


いずれにしても、目的をある程度少数に絞り、その目的達成に向けて新聞
折込チラシを制作していったほうが、その効果が高まると思われます。


よくあることですが、一つの新聞折込チラシで多くの効果を目的とした場合、
全体として、何を伝えたいのか分からないチラシになる傾向が強くなります
ので、目的は少数に絞りましょう。

そうすることで、効果測定も実施しやすいですし、何より顧客が分かりやすい
チラシを作成することで、顧客に対してよい印象を与えることができるのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「顧客の心を掴む販売促進手法」のコラム