『担当者の力量』を見極めろ! - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

大川 克彦
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『担当者の力量』を見極めろ!

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
アパマン経営の寺子屋 空室対策
当たり前のことですが、空室を埋めるのも、入居者を決めるのも、入居者との万一のトラブルも、管理会社の広告力・営業力はもちろんですが、担当者の力量が大きく左右します。


空室で苦しんでいる時でも、誰でもいいから入居者を決めればいいというわけではありません・・・

とはいえ、入居申し込みが入ったにもかかわらずカード審査に落ちたからと言ってすぐに断るのも・・・

自社の物件ですが、カード会社2社の審査で断られた人も入居していただきました。 ただし、保証会社の保証と保証人(母親)を依頼しました。
身内の保証人が難しかったら敷金をプラスして入居していただこうと考えていました。


このケースで、カード会社の審査が落ちたということで断ってしまったら、空室を埋めるチャンスをミスミス捨てるようなものです・・・


当社の管理物件でも大家さんに相談して、保証人の追加(2人)や敷金の追加で対応することもあります。

管理物件は、家賃を当社で管理しているため家賃の遅れがあった場合でも即時対応できます。

したがって、当社で責任が持てるから多少イレギュラーなケースでも入居者を入れやすいですね!

一方、募集のみお手伝いしている物件では、基本的に家賃の管理をしていませんので責任を取れません・・・ 家賃が遅れた場合、督促のお手伝いはしますが、大家さんの行動が遅いため回収が困難なケースが多いのが現状です。


供給過剰の時代に入り、空室に入居者を連れていくだけではなかなか決まりにくくなっています。

入居者とコミュニケーションをとって判断することも重要です!
 
 



空室対策が上手くいかない、
自信が無いという人には↓こちらがおすすめです。
空室をたった30日で満室にする裏ワザ7連発!

管理会社にご不満の方は↓こちらから
誰も話したがらない不動産管理会社のウラ話!- まかせて安心の管理会社とは? -