家庭内で孤立すると・・・ - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家庭内で孤立すると・・・

- good

夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

見えない気持ちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

 

「家庭内で孤立」


なんて書くと、何だか大げさな感じですね。


でも、これは特別なことじゃなくて、どこの家庭にも起こりうることなんです。


・母と子の強い絆に割って入る隙がないお父さん

 

・単身赴任中のお父さんが久しぶりに帰ってきて、子どもとベッタリしているときのお母さん

 

・病気の兄弟にお父さんとお母さんを独占されたような気がしているこども

 

・・・他にもあるかもしれませんね。

 

家庭内で孤立して自分の居場所を見失ってしまうと、なんだか「のけもの」にされたような気がしてしまいます。

 

そうすると


「自分は愛されるだけの価値がない人間なのではないか」


ということが気になり、大きな不安を抱えます。

 

大抵の場合、人は不安になると、それを払拭したくなります。


自分への愛を疑って不安になってしまうときは、愛情を確かめることで不安をぬぐい去りたくなるんです。

 

でも、あまりの不安に自分を見失ったりしていると、周りの人を傷つけるようなやり方で自分への愛情を確認することがあります。

 

・心にもないような意地悪を言ってみたり


・嫉妬心を煽るようなことを言ってみたり


・その気もないのに「離婚するからな」なんて脅すようなことを言ってみたり


言われた方にしてみれば、嫌がらせとしか思えません。


ですが、その人は理解に苦しむような方法しか選べないほど、大きな不安で混乱しているかもしれないのです。


問題行動には、何らかの目的があると考えられます。


「嫌がらせ」は、それ自体が目的ではなく、自分の居場所を得るための手段なのかもしれません。

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

このコラムに類似したコラム

妻が一生根に持つ夫の言動 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/10 19:00)

”昼顔妻”はドラマの中だけではない 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/08/18 22:00)

超イケメンの夫を持つ妻の心理 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/05/13 21:00)

離婚できない人達 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/05/08 17:10)

モラル・ハラスメントの巧妙な手口 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/04/20 21:00)