すっごく欲しいのに、手に入りそうになると怖くなっちゃうもの - 夫婦仲問題・性格トラブル - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

すっごく欲しいのに、手に入りそうになると怖くなっちゃうもの

- good

夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

見えない気持ちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

 

 

タイトルをお読みになって

 

「はて?」

 

と思われたかもしれませんね。

 

すっごく欲しいなら、怖いなんて思わないでしょう?

 

ってね。

 


すっごく欲しいものの正体は「親密感」です。

 

相手との距離が縮まることで、私たちは親密感を得ることができます。

 

親密感は、私たちの心をあたたかく満たしてくれます。

 

その一方で、相手との距離が近すぎるために、傷つくんじゃないかという怖れも出てきます。

 


夫婦であっても、親密感を感じる距離って、それぞれ違うんですよね。

 

個人差があるわけです。

 

その距離というのは、自分を守るために必要な距離であり、自分の感情をコントロールできる距離なので、人に踏み込まれると何か違和感を感じたり、不快に感じることが起こりやすいようです。

 

この距離のことを

 

「パーソナルスペース」

 

っていいます。

 

パーソナルスペースは、人との関わりの中で傷ついた分だけ、広くとりたくなるものです。

 

例えば妻がパーソナルスペースを広く取りたいタイプだった場合、夫は、妻が自分に対して、バリアを張っているように感じることがあります。

 

 人に対してバリアを張ってしまう人は、自分で自分を守らなきゃいけないという意識が強い人です。

 

自分でやらなきゃと思っているがゆえに、自分の辛い気持ちを夫に打ち明けたり、自分の弱さをさらけ出したり、助けを求めるということが怖くて出来ないということがあります。

 

そんな様子を近くで見る夫は、寂しさを感じたり、自分はそんなに頼りないのだろうか?と傷ついてしまうこともあります。

 


妻は、夫に助けを求めたり、困っていること、弱い面をさらけ出すということにトライするといいかもしれません。

 


夫は、

 

「妻は自分のエリアに踏み込まれるのが怖いだけなんだ」

 

「自分は、頼りにされていないわけじゃない」

 

と理解してあげられるといいですね(^^♪

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

このコラムに類似したコラム

夫が常識では理解できない!深刻な夫婦の溝はアスペルガー症候群が原因かもしれません 堀江 健一 - 恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー(2015/10/08 13:40)

【円満夫婦の特徴】夫が今すぐ出来る簡単なこと 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/15 19:00)

妻が一生根に持つ夫の言動 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/10 19:00)

うそつき夫!? 小林 美智子 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/28 15:06)

男性は夫婦問題を、解決しようとすると解決しません! 小林 美智子 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/17 17:37)