相手を名前で呼んで「存在を承認」しよう - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相手を名前で呼んで「存在を承認」しよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般



「松下さん、おはようございます!」

私は、毎朝、何名かの友人から私のfacebookに朝の挨拶をいただいています。
彼らが凄いのは、「名前を呼んで、挨拶をする」と言うことです。

こんなこと当たり前・・・と思われるでしょうけれど、私自身は、あまり出来ていません。名前を呼ぶって、けっこう照れくさいものなのです。

先日受講した、コーチエイのCTP(コーチトレーニングプログラム)の集合研修であるインタラクティブトレーニングでも、このテーマについてお話を伺うことが出来ました。

この日のテーマは「アクノレッジメント」。つまり「承認する」「認める」という、コーチングとしての基本的なスキルについてです。コーチという立場は、相手の「存在」「行動」「成長」「成果」について、きちんと承認をするようにトレーニングを受けています。そもそも、これが出来ないと、相手から信頼をされないので、コーチングそのものが出来ないのです。

よく、部下を承認しないでいつも厳しく指導することで、自分自身は信頼されていると勘違いしている上司がいますが、そもそも、部下に対してこの4つをいつも承認しないで、何をしても「信頼」を受けることははずありません。最初に「承認」ありきなのです。その承認の中で基本中の基本なのが、「存在承認」です。で、その「存在承認」の中の基本が、「名前を呼ぶ」と「あいさつ」なのです。

なので、「松下さん、おはようございます!」 と言われることは、もの凄く私の存在を承認して下さっているのです。その結果、私は毎日朝から気分が良いのです。(いつも、ありがとうございます。)

でも、実は私自身は、この「相手の名前を呼ぶ」ことがとても苦手です。コーチングでも、「ご自身は如何ですか?」「あなた自身はどう思いますか?」などと言ってしまいます。「名前を間違っていったら失礼だ」とか「なんだか気恥ずかしい」とか、そう言う言い訳けをしてあまり名前を言わないのです。

ところが、この日のコーチングエクササイズ(10分コーチング)で、私がクライアント役をしたときのコーチ役の方が、実に上手く「松下さんは、、、」と名前を呼んで下さるのです。それが非常に気持ちが良い。「ああ、凄いなあ~私もこんな風に出来たら良いなあ~」と思った私は、「どうしてそんなに上手く自然に名前で呼べるのですか?」と教えを請いました。

「いえ、実は私もお名前で呼ぶのはとても苦手です。でも、今日は『承認』がテーマなので、かなり意識してお名前で呼ぶようにしているんです。」

恥ずかしがっていた私は、なんと未熟なコーチなんだろう~大いに反省しました。また別のコーチがアドバイスを下さいました。「ポイントは、一番最初のアイスブレイクです。ここで、相手の名前を呼ぶように話題を持って行ったり、意識して呼ぶようにすると、大きな関門は抜けられますよ。」



「まっちゃん、おはよう!!」

そう言えば、以前いた会社で、必ず名前を呼んで挨拶をしていた役員がいました。彼の得意技は、人脈作り。一度会った人は全部友達!と言うくらい、相手のことを覚えています。なぜ、そんな凄いことが出来るんだろうと思っていましたが、きっと、名前で呼ぶことを意識しているから出来るんですね。見習わねば!!

「相手を名前で呼ぶ」

呼ばれすぎても馴れ馴れしいけれど、適度に名前で呼ばれることはやはり承認感があります。今日から、チョット意識して名前で相手を呼んでみることにしましょう。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

■松下雅憲が紹介されたページはこちら


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

相手を名前で呼んで「存在を承認」しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/04 06:00)

相手の為に真剣に考える・・その姿勢が相手を本気にさせるのです 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/04 06:00)

外食をしたらその店の売上げを推定してみよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/01 07:29)

【最幸ビジネスモデル】社員コーチング 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/08/22 09:19)