『専業主婦論』と共働きの家(後) - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『専業主婦論』と共働きの家(後)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
これから家をつくる人へ 思いを実現する家づくりのたね

専業主婦論 にみられる問題は、

昔の主従感・・・ 男が優位 というものがあると思います。

なんだかんだと言って、まだまだ世の中の根底にはあるように思います。

しかし、もはや、事実は、そうではなく、いろいろな分野で女性は、女性自身で開拓し進出しています。

建築設計という分野でみれば、むしろ女性のほうが積極的であり、夢を持ち、頑張るようにすら思えるのです。

男・女 という性に関係なく、ひとりの人間として、どう生きるか という事は平等であるはずです。

その意志による選択として、専業主婦(主夫) があるのがよく、それを認めるられる成熟した社会に早くなるといいのだけど・・・・。

「 働き方 」 「 働き方の仕組み 」 が、もっともっと変わらなければいけませんね。

**

現実に 夫婦共働きは、家を建てるメインの世代 30代 40代 においては、その割合はとても多くなっています。

家に対する価値観も 以前とはかなり変わってきていると思います。

夫婦ともに、家や暮しに対する意識やこだわりを持ち、「自分らしい」を求めています。

どちらか一方的な思いを通すのではなく 「 共に考える 」 という事ができ、家づくりという面においては、ある意味 成熟してきたのかもしれません。

ただ、昔とは大きく違う事は、自分の経験をこえる大きな知識を持つ事が、ネットの発展により、簡単にできるようになった事です。

知識を持っている事はいい事だと思います。ただし、ネットによる実体験を経ない知識は、とかく不安をあおり、相手に対する信頼や敬意を持たない事にもなりかねません。

夫婦ともに 仕事をし 「 人との関係 」 をよく知っているからこそ、その経験を家づくりにも生かして欲しいと思います。

(終)

 

----------------------------------------------------------------

 

家族が笑い合い、自分らしく丁度よく暮せる家の話をしましょう

志田茂建築設計事務所

住宅設計  住宅・マンションリノベーション/リフォーム設計
企画住宅小さな家:LWH

このコラムに類似したコラム

『専業主婦論』と共働きの家(前) 志田 茂 - 建築家(2013/05/24 11:10)

自分たちの‥ ありのままの‥ 建築 岩間 隆司 - 建築家(2014/07/09 18:37)

家の2つの性質と幸せの形 3 志田 茂 - 建築家(2014/02/03 17:24)

家の2つの性質と幸せの形 1 志田 茂 - 建築家(2014/01/30 21:49)

嫁さんのあこがれ、旦那のこだわり 福味 健治 - 建築家(2013/11/29 07:51)